音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2017/2/26

下水道の中に入る  日記

今日はおだやかな陽気でお出かけ日和でしたね。
ということで、プチドライブをしてきました。

以前から行きたいと思っていたんだけど、
車でないとなかなか行けないというところへ行ってきたのですが、
どこかというと「ふれあい下水道館」です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

小平市が運営している下水道管理センターで、
ここが珍しいのは、実施の下水道管の中に入れるということ。

そんな体験はめったにできないわけですからね。
あまりしたくはないかもしれませんが。^^

建物は地上部分が2階建てなので、小さな施設に見えますが、
展示はすべて地下にあって、メインの下水道見学は地下5階です。

まずは下水道の歴史に関する展示から。
ちゃんと江戸時代から下水は整備されていたんですねー。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

地下へと続く階段には地層の展示も。
これは地下神殿の「首都圏外郭放水路」の資料館にもありましたね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、いろいろ展示を見て、いよいよやってきました。地下5階です。

でも、5階のフロアに入ってもそこまで臭いはしてきません。
きちんと空調が管理されていて、5階の展示スペースはほぼ無臭。

下水道へ向かう通路にもエアシャワーのようなものが設置されていて、
近づいていくと、かすかに香ってきたかな?と。

「体験コーナー」というところがまさに下水道なのですが、
いよいよ下水道管の中に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

最初はシャンプーのような香りがして、その後に、ああって。^^
河川敷とかにある簡易トイレのなかの臭いみたいでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

でも、そこまできつくなくて、すぐ出たくなるほどではなかったかな。

流れていくのを見ていると、たまに何かが流れていったりしますね。^^

ということで、映像も撮ってきましたのでぜひどうぞ。
ちょっと見たくないなーって方はご遠慮ください。

見学した後に、施設の方にいろいろ話を聞かせてもらって、
ゲリラ豪雨の時の下水管の様子の映像も見せてもらいましたが、
8割がた水で埋め尽くされたすさまじい光景がそこにはありました。

当然、そんな時には下水管の見学はできなくて、
潜水艦で使われているような分厚い扉が閉じられるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

いやー、あれはなかなかいいですよ。ぜひとも行ってみてください。

見学者の安全を考えて、有毒ガスなどはしっかり計測しているので、
臭いさえ気にしなければ、安心して見学できますよ。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

車でしか行けないと思っていたら、駅から歩いても行けるみたい。
入館料も無料ですからね。興味のある方はぜひ!



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ