Le Bourgignon 2010年 2月ディナー

2010/3/31 | 投稿者: Author

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
挨拶代わりの白ワイン。2種類をセレクト。
Macon Village  酸味があった
Côtes du Rhône  上と比べまろやか

コースだと何度も訪問すると以前食べたものもあるので、ディナーはお店おすすめアラカルトでオーダーしていきます。こちらのお店は常連客は皆そういう感じで気軽に訪問してます。アラカルトでお願いすると、一皿あたりはボリュームも増えるため、アントレ一品とメイン一品で十分。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ダー百合のヴルーテ。渡辺マネジャーの説明を聞いておいしそうだと思ったのですが、その判断に間違いはありませんでした。お皿の底に潜む冷たいスープとねっとりとした百合がいい感じ。
私ー海の幸を詰め込んだタルタル(以前ダーが食べた時のお皿と盛りつけが違いました。でも、海のジュレのおいしさはそのまま!)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ダー兎のお肉を使った料理。胸肉とあばらが上に。下に位置するのは背肉と腎臓をつかった料理+ウサギとペンネのホワイトソース
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
私ー今シーズン最後のジビエとしてスコットランド産山鳩をいただくことに。今期最後かな〜サルミソース。上左の写真はローストが終わったところで披露されたもの。サルミはやはり美味しい。飲めない人はこのソースの味難しいと思います。レストランガイドでどうしてもいれてほしいのは、評価する人がどの程度そこでワインをたしなんだという事飲む人かと!!!有名評論家の中に全く飲まないでフレンチ、イタリアン評価している人もいるらしいのでガイドにはその点要注意。特に名前を出して仕事をしている人はグラスの程度とかワイン○本とかいれてほしい(メニューにあるだけではだれでも評価できるし、やはりソースがワインに負けてたりする)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ワインはダー祝いとして、いつもよりいいワインをセレクト
Château La Conseillante 1997
Pomerol
これは家にはコレクションとしてもっと古いものを保管しているけど、飲んだことがないので味が気になっていたワイン。開栓直後からの強いアロマが印象的でした。もちろん、嫌な意味で言っているわけではなく、ほめ言葉なのですが、最初から最後までアロマの心地よいワイン。
クリックすると元のサイズで表示します
ダーのデセールです。
クリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableランキング参加中です。GO
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ