2008/5/31  21:47

ネギま!OAD企画を考える その2  ネギま!

今週1週間、仕事中このことばっかり考えてたのに書き忘れるとは何事か…




講談社が本気で販促を考えてるのか疑問ってのは昨日も軽く書きましたが
こういう言い方は語弊があるかも知れませんが、講談社が読者の選別にかかってるのかなぁという気はします
手っ取り早く読者を増やす(=単行本を売る)には、やはりTVアニメ化することでしょう
これは昨年まで6年半古本屋で働いていた経験から来るものですが、やはりアニメ・映画など映像化が決まった、もしくは放送・公開が始まった作品は売れ行きが違いますし、お客さんから聞かれる頻度も上がります
ただ、それをきっかけに読み始める人というのは離れるのも早いのか、放送・公開が終了してしばらく経つと、売りに来る人が増え在庫過剰気味になってきます
作り手側としては、当然こういう一過性の読者よりもずっと継続で読み続ける読者が欲しいでしょう
そう考えると、今回のOADというのがある種踏み絵のような役割で、今後も付いてくる熱心な読者なのかそれともなにかのきっかけで離れていってしまうような読者なのか判断しようとしてるのかもなぁと





ただ、単純にコレクター気質として買うような人もいるかもなぁと
正直自分のことだったりするんですが(^^;
ワタクシはネギま!原作は大好きですし、ネギま!声優さんのファンではありますが、必ずしもネギま!アニメのファンというわけでもないので
(ドラマに関してもどちらかというとキャストさんのファンって感じで見てましたし)
1期も2期も春夏OVAもまともに見てないですしね
そういえば15巻限定版のOVAのPVも見て無いですし(^^;
果たして今度も見るのかどうか…





う〜ん、どうにも文章にまとまりが無いなぁ…
なんか考えてることの半分も伝え切れて無い気が…
0



2008/6/1  21:24

投稿者:くま

そもそも講談社がテレビアニメ化について投資には消極的じゃないかなあ、とかは考えたりします。
ペイできるかどうかの問題とか。

現実的な選択として
OADにしてとりあえずコミックの限定版というかたちにしたかったのかと。
でもはっきり書けばこれコミックにアニメというんじゃなくてOADにコミックがついている気がするのですよね(苦笑
#価格設定高いわ・・・・

とはいえ予約はするつもりですが
8月そのほかにもかなり購入するブツはあるんで(というか主にコミケですが)
その兼ね合い考えると結構財布きつい(苦笑

http://purple.ap.teacup.com/1217/

2008/6/1  14:53

投稿者:くま

ちょっとみなさんとは
違うこと考えてますが
書く時間足りない状態に
入りつつあるので
後でということで(苦笑)


2008/6/1  13:34

投稿者:100siki

>ズリズリっと連盟一号さん
 言いえて妙ですね、萌えの皮を被っていて直接解り辛いですが、ネギま!は異様にディープな底の深さ(EVAみたいな開放しきれない裏設定だけでなく)が人物に隠れています。
 気づいている人・・・結構限られるのでは無いでしょうか?

>流浪の聖戦士さん
 順番が逆になりましたが、アニメにしろTVドラマにしろ、1つ深刻なファンからの突っ込みがあるんですよね・・・何で全部TV東京系限定なんじゃい!・・・これでは地方ファンに「見ないでDVDを買え」と言っているに等しいのです。
 どちらにしろ全国ネットか違うか?でファンで無い人がネギま!に入る確率は桁違いに減ります。
 例えば、TVドラマ化した「ガラスの仮面」をドラマはちらとしかみていませんが、「どんな作品?」と読み出したら・・・結局文庫版単行本を一気買い・・・面白い作品ってそういう物です。
 全国ネット放送は「スポンサー」と言うファンの有無だけでは解決できない問題がありますが、マガジンの作品でTVアニメ化&ドラマ化した作品を振り返れば企画力の問題を素人なりに指摘したいですね。
 ここは講談社に突っ込むべきかしら?

2008/6/1  2:36

投稿者:陽 真願

>ズリズリっと連盟一号さん

物理的な面で言えば、クラスメイトだけで
31人声優or俳優を集める必要があって
さらに、主人公・サブキャラを合わせると
もっと多くなる^^;
まさに、ハリウッドに負けない出演者の数wwww
内容の細かさがそのレベルであると同時に
必然的にコストが跳ね上がる訳で。
ただ、ハリウッドには萌えは無いけどねw


後はアレかな。
赤松先生はもう少しネギま!関連に
口出ししても良いんじゃないかと。
某魔砲少女みたくガチでなくて良いんだけど。
ヲタクというのは自分のテリトリー内では
譲らない面がある、と感じているので。

とりあえず予約はしておこうかな。(まだしてないのかw

2008/5/31  22:47

投稿者:ズリズリっと連盟一号

ワシが常々思っていたコトの一つに、こんなのがありまして。

「ネギま!」って、ジツはアニメ化が非常に難しいマンガじゃないのか?

一見すると、カワイいおにゃのコてんこ盛りの「萌えマンガ」。しかし、その実態はいくら掘り下げても底が見えない「細かく、膨大な設定(キャラ、世界観共に)」、網の目のように張り巡らされた「伏線の山」、バトル物からファンタジー、それこそ「萌え」から「燃え」まで幅広くこなせる「変幻自在のストーリー」、などなど。

この作品が「萌えマンガの皮を被った、実はとんでもなく奥が深いマンガ」だということに、果たしてどれだけの人が気づいているか……に、今回のOAD企画の成否(買う側も、製作する側も)がかかってるのではないか、などと個人的には思ってるワケですが。

……う〜ん、やっぱりまだ言葉が足りんような気がする……orz

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ