2013/5/25

2013 勉強会(4)  ♪勉強会

12.しゅうた君。とてもやる気があって、でも少し気持ちが先にいってしまうような感じでした(少し前まで)。最近、自分の音を聴くようになったようで、音が空回りしなくなりました。難しいドッペルを練習しているからかな。大変な曲を、かんしゃくを起こさず、少しづつ丁寧に弾いています。内心(ヴァイオリンて大変だなぁ)と思っているかもしれないけれど、3ヶ月ほど前に弟が生まれたこともあってか弱音ははきません。小さな困難を乗り越えて、きっと本物のカッコイイお兄ちゃんになるのだと思います。

13.れいなちゃん。つい先日、入会してきたと思ったのに、もう立派にヴィヴァルディを弾くようになりました。初めの頃は音程も定まらず、でも注意だけしていたのではやる気がなくなるし、大事な所だけはしっかり押えて、出来るだけれいなちゃんのやる気を育てたいと思ってきました。1年位前から徐々に力がついてきて、今年は勉強会の前後で、とても成長したと思います。先日の卒業録音、あのテンポで、、しっかり弾けました。何だか嬉しいね♪

14.涼君。今年は無伴奏に挑みました。ステージの上に立つのは一人だけ。とても勇気がいる世界です。一般的にはピアノが付いていた方が演奏が映えることが多く、ソロの曲は敬遠されがちです。誰にも頼れない、、というのが、涼君にはよかったようです。普段、繰り返しやボーイング等、なかなか暗譜が大変だったのですが、今回、非常に集中してよい演奏でした。先日、腕の骨にヒビが入ってしまったそうです。早く治るといいね!

15.しん君。1〜2年前まで、レッスンの時は眠そうで、いかにもおけいこ嫌!という顔をしていました。こういう場合、お止めになる方も多いです。しかしそこは桜井家に生まれた宿命、、^^。 昨年だったかな、私の中で「今年はしん君を立派にするぞ」と決めまして、自分の指導目標にもしていました。そのせいだけではないのですが、とにかく変わりました。良い演奏をします。ストリングスに入ったのも良かったのかもしれないし、妹がレッスンを始めたのも良い方に働いたのでしょう。全てが自信を持つことに繋がったような、、 このまま伸びて欲しいです。

・・・このあたりの中間層が徐々に力をつけてきたことを感じました。やはり勉強会があると子供も親御さんも頑張ります。ちょっとしたことで止める方向にいってしまう子、何とか前向きにいける子、このちょっとしたことで人生が変わるのなら、やはり大人は心しないといけないな、、と思います。勉強会の一番の成果は、子供達のヴァイオリンに向かう気持ちが向上することですから・・・




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ