2011/10/31

10月30日浦安  ♪おたより

昨日、小野明子さんのコンサートにいらした方々、楽しかったですね! 演奏も良かったし雰囲気も良かった、、 料金もお安かったので、たとえ子供が飽きてしまって「帰りたい」と言っても気楽に帰ることが出来ますね。 でも昨日は、お帰りになった方、どなたもおられませんでした。 演奏が一流だからです。 やはり子供に与えるものは一流のものでなくてはいけませんね!

まず皆様も感じられた事でしょう、「音楽は楽譜ではない。」ということ。 楽譜は作曲家からのメッセージですから、もちろんきちんと譜読み出来ないといけません。でも本当は楽譜ではないのです、そこから飛び出さないと。 明子さんの演奏は、音楽が踊っているように思いました。 

連日コンサートをこなし、過密なスケジュールで今日は既にイギリスに向かったとのことですが、疲れていてもいつもニコニコしていて素敵なお嬢さんです。 演奏は人柄も表します。 昔の先生である私達に帰国の度に御案内を下さり、コンサートには御招待下さいます。 いつだったか、OBでプロになった子がコンサートをするというのでチラシだけ送ってきて、手紙のひとつもついていない。 こういうことでは本当の一流にはなれません。 その演奏会、行きませんでしたけれど。  

さて演奏を聴いた子供達、何を思ったでしょうか? 昔、素晴らしい演奏を聴くと、自分の演奏とのギャップに落ち込んで練習する気がしなくなったことを思い出しました。 もしそんな子供がいたとしても、それはプロの演奏家と自分の音の差に何となく気がついた、ということですから、むしろ喜ぶべきことで、越えなくてはいけない山の1つです。 その演奏家が自分の実力とかけ離れている人だったら、そんなことは感じないかもしれないですが。

会場で、昔のご父兄にお会いしました。 月曜クラスの、その後芸大に行かれたお嬢さんの陰に隠れて、おけいこも嫌、止めたい、、と言っていたこともありました。 そのお嬢さん、近年ヴァイオリンに目覚めたそうで、お仕事は東芝のシステムエンジニアなのだそうですが、オケ、室内楽、ブラームスのソナタを弾いて演奏会もしたのだそうです。「止めなくてよかった!」って。 「お嬢さんの今」があるのは「ストリングスのおかげ」と、お母様は仰っていました。

この浦安のホール、昔は勉強会に使わせて頂いておりました。 なかなか取れなくて、毎月、抽選に並んで下さったご父兄がいたことも思い出しました。 「休憩時のお茶」というのもいいですよね! 勉強会をこういう感じにするのは大変かな?  明子さんがサインをしていた反対側で、お菓子をほおばって嬉しそうなR君が印象的でした。



2011/11/14  0:38

投稿者:Kazuko

Mさん、こんにちは。お元気そうですね!
最近、心から楽しめるコンサート2つ行くことが出来て、やっぱり音楽をやっていてよかった♪と思っています。 音楽は一生続けられたら幸せです。 長い道のりですから急いでも仕方ありません。 私も暫くサボったりすることもありますが、またハッとして「練習しよう」等と思ったりしています。 無理は禁物ですよ。 コメントありがとうございました。

2011/11/14  0:10

投稿者:M.NとM.S〜ちゃんの母です

和子先生、ご無沙汰しております。小野明子さんの演奏会素晴らしかったのですね!ここ上海にも、様々なアーティストがやって来ます。先日、パールマンに行ったのですが、、S〜ちゃんは、2曲目から夢の中でした。。ヴァイオリンも、相変わらずマイペースの我が家です。。和子先生と、クラスの皆さん(Rくん、元気そう^^)の近況を、時折ブログで読ませていただくにつけ、懐かしい気持ちになり、拠りどころとさせていただいています♪どうぞこれからもお体を大切になさってください!

http://tsukasa19730127@yahoo.co.jp

2011/11/5  18:52

投稿者:Kazuko

いつもニコニコ歌っているR君、演奏にも歌が溢れていますよね♪
そんなR君も、昔は、やるのやらないの大変だったような記憶があります。
ここまで成長したのは、お母様の信念と努力、愛情かな。
このようなお子様は幸せだな〜と思います。
大きくなったら、きっとヴァイオリンを生活の中で楽しめる人になりますよ。
モチロン、素敵な演奏を聴かせてくれることでしょう♪
長文のコメント、ありがとうございました。

2011/11/5  18:32

投稿者:O.Rの母です

先生こんにちは!いつもお世話になっております。
小野さんの演奏とても感動しました。
息子は後半落ち着かず絵を描きながらの鑑賞となりましたがなんとか最後まで聴いてくれていました。
本当に楽譜ではないのだな〜と、ピアノの方と楽しむ演奏にあっという間の11曲でした。
息子は次の日の練習でいつも私が「もう良いよ。」と言うと『先生ありがとうございました。』とそそくさとヴァイオリンをしまうのですが、その日は一人で30分ほど弾き続けていました。私も何も言わずそっとしておきました。
前日の演奏を聴いて何か思うところがあったのではないかと思います。
「愛の挨拶」と「タイスの瞑想曲」が好きな息子。
「何が良かった?」と聴くと『愛の挨拶!!』と元気良く申しておりました。
「大きくなったら素敵な音でママに弾いてね!
」とお願いしています♪

これからも宜しくお願いいたします♪♪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ