てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
こんちゃん
レスが遅れ大変失礼しました。

この2、3日間田植えの準備やら、今日が本番のため忙しくしており、当方もブログ更新がままなりません。

こちらこそ宜しくお願いします。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:こんちゃん
お久しぶりです

夫の方のブログにかまけてこちらは なかなかご無沙汰になってしまいました。

でもまた帰りますので ヨロシク御願いします。
最近は かなり上手になった夫です。

もう そろそろ私もお役ごめん・・・になっても良いかもしれません〜

http://blog.livedoor.jp/asitamohare
投稿者:omotann
エンピロさん
シオデのことは初めて耳にします。

昔、農業指導員をしていた叔父が、我が庭に珍しい植物を見つけ、珍味だと教えてくれました。
名前は忘れましたが、シダ科の植物だったと思います。

拙宅の庭をトイレ代わり使うノラネコのフンなどには閉口していますが、こんなフンなら「憤慨」することもなく大歓迎です。

我が家にシュロ竹は久し振りなので大切に育てたいと思います。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
suzieさん
たまごにひとすじの痕がご覧いただけると思います。
中身が四散した時には全てが終わったと思っていたので、今はホッとしています。
まだ今の時点では何の芽か分からず、楽しみなことです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
mariさん
小鳥が棕櫚竹の種まで食べるとは知りませんでした。

棕櫚竹は貴重な1本なので鉢上げし、一方egglingは大きな鉢に植替えしたいと思っています。

緑が目に染みリラクゼーションに役立ちそうです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
鳥のフンといえば、こちらでは畑に山菜が生えたこともあります。「シオデ」という山菜で「山のアスパラ」と呼ばれるものです。高級料亭にしか出ない代物です。おすそ分けしていただきました(笑)シオデはその前から知っていて、15年ほど前になりますが、自分で採ってきたこともあります。

蜂や蝶が「受粉」したり鳥が「授フン?」したりと、手のつけない自然界の成り立ちに驚くばかりです。

まさしくシュロ竹ですね。私の寝室にも鉢物で飾ってあります。これは新築祝いに同級生がプレゼントしてくれたものです。だいぶ大きくなりました(笑)。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:suzie
これがあのegglingですか?
一度割れた、はずの?
全然分かりません。
奥様が一生懸命直されたのですよね。
その愛情を受けて、かわいい芽が伸びましたね。

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:mari
小鳥が運んできてくれたのですね。
山椒、うちの鉢植えの苗より何倍もいきいきとしていて立派!
すごいですね〜。

ビックリグミも万両も、棕櫚竹も大きくなりそうな予感。
egglingも芽が出てよかったですね♪

本当に緑が奇麗ですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ