てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
mariさん
蚊に刺されやすい血液型はあるとは知りませんでした。
かみさんは私と一緒にいて、自分ばかりが刺される理由をちゃんと知っておりました。

序にネットで、蚊を寄せ付けないようにする対処法を調べました。
@網戸に虫除けスプレーなど、蚊が嫌う成分をかけておく
A室内を25度以下に保つ
B暗い部分に蚊取り線香の煙を送る
Cこまめに汗をふく

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
夏は好きですが、蚊には困っています。
O型なもので、来なくてもいいのに近寄ってきます。
で、年とともに血を吸われたところが炎症を起こすようになってしまって、なかなか跡が治らないという…。
蚊も一生懸命生きているんだろうけれど…。
投稿者:omotann
エンピロさん
夏というシーズンは満更嫌いではありませんが、人一倍汗かきなものですから、蚊と並んで苦手です。蠅も厭です。
「糖尿病患者のいるトイレにはアリが集る」という話も聞いたことがあります。

詠み人は確か寛政のエンピロさんじゃなかったかな?
狂歌の名人太田蜀山人といわれていますが、真偽のほどは如何に。

昨今の政治批判なら「ぶんぶぶんぶ」よりも、差し詰め「りんりりんり」ですね。
しかし、これだと夏の虫が、秋の虫に間延びしてしまいますね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
私も蚊は苦手です。糖尿病系の人には蚊が寄ってくるとか言われます(汗)

こちらはまだ発生していないようですが、まもなく出てくるんだろうなあ。蝿もだんだんでてきますね。

昔は日本脳炎で死亡している子供が多く見られましたよね。小さいころ、「薮蚊に刺されないようにしろよ」と言われていたのを思い出します。

蚊で思い出されるのが「世の中に 蚊ほどうるさき ものはなし ぶんぶぶんぶで夜も眠れず」です。詠み人は忘れましたが、寛政の改革を手がけた松平定信の文武政策を皮肉ったもので、私好みの歌です(笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ