てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
エンピロさん
住職の口をついて出たお言葉に、一番にエンピロさんのことを思い出しました。
「忘己利他」の法話でも同様でした。まるでエンピロさんを偲ぶ旅のようでした。

童のお地蔵さんは、バスガイド嬢からの三千院境内のイチオシでした。天気が優れずアンダー気味の露光を増感した写真なので、却って雰囲気が損なわれたかも知れません。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
mariさん
延暦寺はこれまで何度も訪れていますが、いずれも物見遊山の観光旅行でした。
今回ばかりは勝手が違い、霊験あらたかな一層充実した旅になりました。

先代からの由緒ある老舗と聞いておりましたが、“海”と深くかかわっておられたことが偲ばれます。

フランスを筆頭に各国で抗議行動が強い中で、善光寺は過剰反応のきらいもありますが、仏教に携わる者としては複雑な思いがあり、止むを得ない判断かと思われます。時節柄、中国を選定したことに問題の根源があったのかも知れませんね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
団参お疲れ様でした。前にも書きましたが、延暦寺は高校の修学旅行で行ったきりです。洒落っ気のある僧侶気に入りました。小学校の先生なら「児童」が相手なので、やはり「慈道」でしょうかね(笑)

今回はただの旅行とは違って、身の引き締まる修行のひとつともいえるものだったと思います。

「忘己利他」は私がいつも言っている「情けは人の為ならず」につながるようで、胸に刻んでおきたいと思います。

ところで、童のお地蔵さんの表情が何とも可愛いですね。やや傾いているところが、そう見えるのでしょうかね(笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:mari
お疲れさまでした。
有意義な旅となったようですね。
延暦寺へは、かつて社内旅行で訪れたことがあります。

戒名には“その人の仕事などに関連して付けられる二文字のくだり”があるのですね。
初めて知りました。
その人らしさを感じるのは、お寺さんがいろいろと考えて下さっているからなのですね。
お父さまの場合は、意味だけでなく読みまでも考慮されていらっしゃったとは、凄いですね。

ちなみにうちの曽祖父には「慧海」、曾祖母には「慈海」という文字が入っています。
やはり「海」でした。

「不滅の法灯」は無事で何よりでした。
それにしても、この度の聖火リレーで何度も火を消さなくてはならない状況になるのは…。
「平和の祭典」のはずなんですけどねぇ。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ