てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
mariさんの恩師といえば、小生の年恰好になりますかね。
新聞速報は、ざっと見たので見落としがあるかもしれませんが、同級生の退職者の中に校長が3人いました。

恩師の教えは、いつまでも自身の人間形成の上で大きな影響力をもっていますね。

小学校の恩師の一人は、小生の日記の原点になる契機を与えてくださいました。
「くらしのノート」という先生との交換日記への、先生のコメントを励みに頑張ったものです。
その後、一時中断もありますが、今のブログへと続いています。
15年前退官の際、備前焼の銘々皿をプレゼントし喜ばれました。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
今年の教職員の異動の記事で、中学時代のテニス部の顧問が校長先生になられているのを見つけました。
これで中・高での部活の恩師が、校長先生になられたのは三人目です。

どの時代を振り返っても、私はとても先生に恵まれていました。
ありがたいことですね。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotann
エンピロさん
そういうケースもありますね。
わが社がそうでした。卒業(退職)者にあわせて採用するので、こんな現象が起きます。

こういった場面では、地元紙の独壇場となり、多くの方々から引っ張りだこでよく読まれています。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
団塊の世代が大量に退職をされますか。意外だったことは、福島県では今年退職する先生が少ないことです。採用が少なかったようです。その数年後が多かったとか。

こちらの地方2紙も毎年「県職員・教員異動」を掲載しています。私も知り合いをよく探します(笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ