てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
mariさん
ゆりかごから墓場まで“競争”という十字架を背負った団塊世代の、せめてもの願望ということでしょうか。

とは申せ、いろんな制約もあり、現実問題としては難しいことですね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
エンピロさんの仰せのとおりです。

少子化のせいで、特に私学は存続の危機に直面しています。

小生のように悠長なことはいっておられません。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
受験生はみんな“春”を待ち望んでいるのですが、そうとばかりはいかないのが現実ですよね。
高校受験、大学受験、就職とその先の人生にも合否がついてまわります。

努力し続けること、そして周りへの思いやりを忘れないこと。
心しておきたいですね。

「門戸開放」いろんなことを考えてみて、難しいでしょうね。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:エンピロ
omotannさんの願いは、アメリカの大学と同じ「入るは易し出るは難し」ですねw

よく「十五の春」ということで、話題になります。確かに不合格になった受験生は可哀想な気がします。福島県でも仮に公立に全員入ってしまうと、私立高校の経営が成り立たなくなってしまいます。うまく行っているところもありますね。

高校を卒業できないのは浪人するより辛いかも知れませんね(笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ