てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
mariさん
とんだ早とちりで失礼しました。

「大学での(家具などの)リサイクル」の件は、ニュースでも取り上げらているのをみたことがあります。

小生も大学入学時には学校近くの古物商で机や書棚を買い求めた記憶があります。
卒業時には後へ入る人のために、そのまま下宿へ置いてきました。未だに夢に出てくるその下宿も、いまは取り壊されて跡形もありません。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
大学のリサイクルって、一人暮らしをしていた学生の家電とか家具とかのお話です。
岡山大学でも全国の他大学でも、近年盛んになっているようですよ。
置き場が学校の空きスペースだけでは足りなくなってきているくらいに。

大学によっては、大学祭以外での売買が禁止されているところもあるので、出来ないところもあるそうですが。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotann
こんちゃん
物がない時代を経験した人は、何でも大切にしますね。
小生もそのDNAを確実に引き継ぎ、物持はいい方です。

当地ではアルミ缶や古新聞、ダンボールなどは子ども会の廃品回収に協力しています。

仰るとおり「ゴミも積もれば宝物」です。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:こんちゃん
沢山の物を大事に残られていたんですね。
自分の思いのこもった物は なかなか捨てられないです。
最近 越してこられたご近所の奥さんは アルミカンを しっかりと潰して サッシ、 水道の蛇口などなど 業者の所へ運ばれるようです。
結構な値段で引き取ってくれるらしく、 今まで 不燃物へ出していた アルミ缶も 無駄にはできないな〜と 思いました。

小学校では アルミカンを生徒が収集して 地元の老人グル−プホ−ムに車椅子を毎年贈っているそうです。


ゴミも積もれば宝物・・・?

http://blog.livedoor.jp/asitamohare
投稿者:omotann
mariさん
15年前に亡くなるまで親父が、溜め込んでいた不要物ばかりです。
とんだものを財産代わりに残してくれていました。
随分すっきりしましたが、農機具、木製家具、空き缶、木切れなどまだまだあります。

「大学でもリサイクル」とはうまいことを仰る。職場でも然りですね。
新人の姿に接するだけで、こちらの気持ちまでリフレシュします。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
倉庫の中がすごくスッキリしたでしょうね。
それにしても、良い業者さんでよかったです♪

この時期、大学でもリサイクルに力を入れていますよね。
卒業生から新入生へ―。
双方が得するリサイクル。注目度大です。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotann
エンピロさんからコメントを頂いた後、過去の苦い経験を思い出し、いま追記したところです。

この度は特別な例だと思います。確かにアルミとか銅の窃盗は一向に跡を絶ちませんね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
これはうまいところに目を付けましたね(笑)運搬料、リサイクル料とか取られるどころか、還元があるとは驚きましたw

アルミとか銅とか、いまだに窃盗が続いているんですから驚きです。単価が高いから減らないわけだ(汗・笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:omotann
suzieさん
拙ブログ「2005/11/24 廃家電処理」で書きましたが、もっと酷い目に遭いました。
冷蔵庫2台で16,000円、洗濯機2台で10,100円、タイヤ7本で7,900円の計34,000円を払って引取って貰いました。

今回は2、3人が対応してくれたのですが、それぞれ言動は誠実を絵に描いたような人たちでした。

わが国で流通する最小単位である「1円」という微妙な値段設定に色々と考えさせられます。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:suzie
誠実なリサイクル業者さんですね。

よく「不要品、無料で引き取ります」とアナウンスしながら軽トラックが住宅街をトロトロ走っていますが、テレビを引き取ってもらおうと呼び止めたところ、わけの分からない説明を早口で言われ、「1500円かかります」と請求されたことがあります。

もちろん、テレビは持ち帰りましたが。

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ