てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
mariさん
いつも書物、映画、音楽に始まり、人との出会いまで、素晴らしいチャンスを与えて頂きありがとうございます。

前編に続き、続編もDVD盤がリリースされたら求め、何度でも観返すつもりです。

掛替えのない『人の心』をいつまでも大切にしたいです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
エンピロさん
長男は吉岡秀隆とともに歩み成長したような錯覚に陥るほどです。

近年稀に見る秀作だと思います。是非とも今のうちに劇場にお運びください。タオルは正解かもしれません。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
オープニングにはビックリでしたよね!
何事かと思いました。

しみじみと心に残るいい映画でしたよね。
今の世の中、便利で物質的にはとても豊かな時代です。
でもこの映画の時代が、とても羨ましくもありました。
いつの時代になっても忘れてはならない大切なもの。しっかりと心に刻んでおきたいです。
omotannさん、嬉しいお言葉、感想をどうもありがとうございました。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:エンピロ
「続」もかなり好評のようですね。人情ものの「寅さん」、それから「北の国から」、「ALWAYS 三丁目の夕日」と、吉岡秀隆はいい演技を見せていますよね。しかも、すべて「感動もの」「涙もの」の代表的作品ばかりです。ドラマの中では、一見なよなよして頼りないような男性が繰り広げる、ヒューマンタッチが、感動をもたらすのでしょう。私も涙腺が緩く、このような映画は、タオル持参で見るようにしています(笑)

時代背景と長男さんが、 omotannさんにとっては、オーバーラップするのでしょうねw

「続」も機会があったら、DVDと言わず、是非映画を見てみたいものです(汗)ゾクゾク!?(笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ