てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
エコさん
初めまして、ようこそ。
保有米というのは、生産者自家用、親戚や友人などのために保存しておく米のことです。

年度やブランドによって異なり一概には言えませんが、一般流通価格はそんなものだと思います。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エコ
今日 保有米を30キロ8000円で農家から買いました 高いですか 安いですか? 保有米とはどういう米ですか?
投稿者:omotann
サンタよりガーゼ王子くんへ
サンタの体形からして、煙突からはちょっと無理なので、玄関を開けておいてください。

岡山からの道中気を付けてソロリソロリと行きますのでご心配は無用です。

昼は鍋ものを用意して行きますのでお楽しみに!

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:ガーゼ王子
明日は、岡山のサンタさんが少し早いクリスマスにお米を届けに来てくれます。
楽しみです♪
投稿者:omotann
エンピロさん
早速に丁重なるアドバイスありがとうございます。

我が家にも土蔵はありません。土壁ではなく、鉄骨スレート葺きの倉庫の中の、木造で囲いをした小部屋に紙袋の状態で米を保存しています。直射日光は当たりませんが、夏場はかなり気温が上がるのが難点です。
年の後半の半年を凌ぐよい方法があればと思います。

仰るように、20万以上もする高価なものは、やはり躊躇します。先日、長男に持ち掛けたところ「4家族で分担しようか」と気持ちよく言ってくれましたが、かみさんが「そこまでやるほどのことではなし、もう暫く見合わそう」と返され保留しています。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
我が家は土蔵がありません。土蔵があれば、夏でも涼しく、陽が当たらないので、「玄米低温貯蔵庫」がなくても、食味が落ちることなく食べられます。omotannさん宅では蔵のよな建物はございませんか?

「玄米保冷庫」は20万以上もする高価なものなので、やはり躊躇してしまいますね。電気代も月1,500円ぐらい掛かります。経済的に余裕があり(1年間といっても春までは食味は落ちません。夏場から秋の収穫まで食味が落ちてきます)、美味しい米にこだわりのある方なら、購入されるのもいいと思いますw 「米ットさん」とかネーミングにこだわった商品も見受けられます(笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:omotann
三日月51さん
わが家も親父の代まではブリキ製貯蔵缶でした。
現在はもっとレベルが低く、紙袋のままです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:三日月51
わが家では未だに年代物のブリキ製貯蔵缶を使用しております。「玄米保冷庫」を家庭で利用するとは知らなかったくらいです。虫よけには最適かもしれませんね。

http://plaza.rakuten.co.jp/mikazuki51
投稿者:omotann
三日月51さん
「トレーサビリティ」という言葉は、三日月51さんのブログ記事で知りました。
受売りで申し訳ありません。

三日月51さんのご近所では「玄米保冷庫」を導入のお宅はどのくらいでしょうか?

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:三日月51
せっかく入荷した新米も、ところてん式の保存方法では、古米の消費を待つしかありませんね。こんなところにも「もったいない」の農民的な発想を感じてしまいます。

「食べ助け」という表現はあまり聞いたことがありませんでした。とても謙虚な言い方ですね。わが家でも親戚に届けて喜ばれています。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ