てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
こんちゃん
最近は日の出前に起床、勢い就寝も早く、自然のリズムに逆らわない、健康的な生活を送っています。
仰るように「第一歩が順調だと、一日の歯車が巧く回り」ますね。

もう彼岸だというのに夏に逆戻りですね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:こんちゃん
御来光とと共に omtannさんも一日が始まりますね。
第一歩が順調だと 一日の歯車が巧く回るようですね。
私も今朝は6時から ごろと散歩、草取りに気持ちのよい汗をかきました〜
それにしても 真夏日には 参りますね・・・ 暑い!

http://blog.livedoor.jp/asitamohare
投稿者:omotann
suzieさん
豊作祈願を頂き、どうもありがとうございます。
mariさん所の“移動田んぼ”と同様、お陰さまで順調に生育しています。
収穫の日まで気が抜けませんが、無事迎えられるよう念じております。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:suzie
立派に育った稲田の風景は美しいですね。収穫期に黄金色に輝くのが楽しみですね。
台風や害虫の被害にあうことなく、無事に収穫をむかえられることを祈っています。

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:omotann
mariさん
傑出した文学的才能を持つ、希有な巨人同士の、比類なき盟友関係は長くはないものの、mariさんが仰るようにお互いの持てる能力をさらに高め合ったということに他なりません。

取り巻く環境と人間関係の重要さを再認識しますね。

無事成長はしているんですが、子ガモが5羽ともオスなので、先が懸念されています。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
美しい水田の光景ですね。
朝の清々しい空気まで感じられます。

今日は子規の命日でしたか。
「類は友を呼ぶ」と言いますが、才能のある方の周りには同じように素晴らしい才能の持ち主が集まりますね。
切磋琢磨して高め合っても行くのでしょうが。

アイガモたち、大きくなりましたね。
オレンジ色の足が可愛いです。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotann
エンピロさん
えっ〜、もう稲刈りですか!1カ月先取りですね。
福島を隣町のように錯覚していましたが、改めて時空を感じます。

「坊っちゃん」の中の、会津っぽの強情な山嵐、実は正岡子規がモデルで、「坊っちゃん」の世界と「漱石」の世界をつないでいたそうです。
「坊っちゃん」は青春へのメッセージであると同時に、学生時代をともに過ごした子規への追想でもあるようです。作家としての道を歩きはじめた漱石が、4年前に亡くなった子規に、自分の姿を見て欲しかったのでは…。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
日増しに稲穂が垂れていくのがわかりますね。こちらは、今度の日曜日ぐらいから稲刈が始まります。朝日に輝く黄金色の稲穂を見ると、収穫の秋が間近であることを感じさせますね。

正岡子規と夏目漱石の二大巨匠が同一時期に、同一場所にいたことが、今もって不思議な感じがします。

アイガモ一家は、どれが親か本当に見当がつかないカモ(汗・笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ