てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
こんちゃん
新聞倫理綱領に定めてある、報道、評論の限界として「人に関する批評は、その人の面前において直接語りうる限度にとどむべきである。」と謳ってあります。
何もかも洗いざらい…とは書いてありません。
そこそこの限度というものがあります。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
エンピロさん
週刊誌のスクープ合戦に巻き込まれるとは、とんだ災難です。

目下は内閣改造で、新閣僚に関するあら探しや与党幹部の“身体検査”が話題になるんでしょうね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:こんちゃん
今のマスコミって なんでも根こそぎさらけ出してしまって・・・
人間だものいろんな事があっても いいかな???と ちょっと思いますね。

これが良いとか悪いとかではなく・・・
そこまでつっこむか??!という過剰報道が多すぎる気がします。

http://blog.livedoor.jp/asitamohare
投稿者:エンピロ
「火のない所に煙立たず」といわれるように、怪しげな言動があると、疑われてしまいます。まさに「瓜田に履を納れず。李下に冠を正さず」でしょうね。

ホームページで潔白を宣言しているんですから、とりあえずは信じましょう。

スクープは欲しいところですが、週刊誌も十分な取材で、確証がある記事でないと、一攫千金を夢見ての勇み足になりますからね。そして法的手段(裁判)の行使とパターン化されています(汗・苦笑)



http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:omotann
mariさん
「誰の、どんな意図で?」と、見えざる手を感じます。
仲人親として親父も、草葉の陰で臍を噬んでいると思います。
どうか事実無根であって欲しいと願うばかりです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
このニュースに触れまず感じたことは、「誰の、どんな意図で?」ということでした。
そのうち段々とわかってくるのでしょうね。

本人がいくら清廉・潔白であっても、周りの人によって大きく状況が変わってしまうことがあると思います。
自分自身、その人を応援をしている人で、その人のことを判断してしまうことがありますから…。

自分の大切な人が何かをしようとするとき、その人の妨げになるような生き方・行動だけはしないようにしよう―。
そんな風に感じた記事でした。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ