てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
mariさん:
もう一つの難点は御天道様次第ということです。長雨で籾播きのタイミングが大きく遅れたり、昨年の稲刈りは雨でズレ込みヒヤヒヤしました。



http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
お疲れ様です。
会社でよく話すのが「漁師は種をまいて育てなくてもいいからなぁ。農家の方は大変!」(養殖の場合は育てなくてはいけませんが)
農家の方々の重労働には本当に頭が下がります。

全国民が、自国でとれたものだけで生活できる力があればなぁ…などと思うのは、やはり夢見がちな話なのでしょうか?
いろんなことを考えて怖くなることがあります。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotan
エンピロさん、恥ずかしながら「認定農家」という言葉を初めて知りました。
日本の農家の将来が危ぶまれるはずです。

ホント!農業改革を託せる人はいないのかなぁ。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
私も農家の長男です。農業がどうなるのか先行き不安です。国は小農家切捨て政策に走っていますから。かといって、認定農家など大規模農家が生き残れるかといえば、なんら保障はありません。
誰かいないのかなあ。いい方向に農業改革してくれる人は。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:omotan
一町とは凄いです。家は三日月51さんの僅か1/5ほど(作付けは2反)で、この有様です。
その上、確か桃なども栽培して居られるんでしたね?

私も長男の分際で、大学4年間だけは自由にさせて貰いましたが、就職は暗黙のうちに地元ということで、親の敷いたレールを歩かされました。

28日は、お互いに疲れを出さぬ程度に、頑張りましょう。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:三日月51
百姓仕事のしんどさは幾分か理解できます。私も長男でUターン就職を覚悟し、土地から離れられない運命を恨めしく思ったものです。
幸い親父は高校卒業当時から田圃守をしており、私の出番はあまり無かったのですが、それでも農繁期には異様な空気を感じていたものです。
わが家でも28日から稲刈りをします。今では、いつまで親父と一緒にできるか不安を背負いながらやっています。
作付は一町(1ヘクタール)ほどですが、自分の代になったらどれだけできるのか心もとない有様です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ