てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>karinさん
こんばんは。
冷えたカラダの芯から温まり、寿命が延びた気がします。
ただ「湯氣(ゆき)まつり」が中止になったのは雪不足のせいだけでもなさそうです。日曜日というのに訪れる人はまばらで、奥津荘向かいの土産物店(知人)も閉鎖されるなど、閑古鳥が鳴く有様です。

http://www17.plala.or.jp/omorin/index.html
投稿者:karin
omotannさん こんばんは

美しい山並みが見える川沿いの静かな温泉街、
風情がありますね。こちらの温泉でゆったりと
過ごしていらしたのですね。よかったですねぇ。
日本中が暖冬で雪が降らなくて、、、不安です。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:omotann
>suzieさん
さすがお目が高い、奥津荘は登録有形文化財の宿です。
江戸時代、津山藩の初代藩主・森忠政が愛した名湯です。また犬養毅や棟方志功なども度々お訪ねになったそうです。ぐっと時代は下がって、我々も出張時の定宿でした。

2枚目の写真は、今回利用した「花美人の里」という大衆浴場で、吉備津神社の回廊を彷彿させる見事なものです。源泉掛け流し、露天風呂付きで入浴料は740円とリーズナブルです。

SNSの件、了解です。こちらこそ貴ブログへの書き込みが滞り、大変失礼しておりますが、どうかご容赦ください。

http://www17.plala.or.jp/omorin/index.html
投稿者:suzie
奥津荘、趣のあるすてきな宿ですね。
2枚目の広大な施設も奥津荘の一部ですか?
(すっかりご無沙汰して申し訳ありません。ここ最近、SNSと少し距離を置くようにしているので、FBではなくこちらにコメントしました)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ