てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>エンピロさん
舟木一夫の「♪修学旅行」のフレーズ通り“二度と帰らぬ思い出”の一頁です。昔を懐かしがるようでは、歳をとった証左でしょうか。
この修学旅行の締めくくりは、まさに「青春の城下町」の舞台となった城山公園で集合写真を撮りました。

http://www17.plala.or.jp/omorin/index.html
投稿者:エンピロ
梶光夫と言えば「青春の城下町」ですね。以前omotannさんがカラオケで歌われたことを記事にされましたよね。私もこの曲は子どものころ聞いたのでよく覚えています。一方、これよりも古い「夢のやまなみハイウェー」は存じあげませんでした。

私の高校の修学旅行は京都・奈良方面でした。私もしばらくガイドが忘れられませんでしたw 初恋のような懐かしくいい思い出となっています。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:omotann
>美っ湖さん
こんにちは。こちらこそ、大変な無沙汰をお詫びいたします。
本文より長くなって恐縮ですが、この修学旅行では忸怩たる思い出があります。
故あって親友S尾と共謀してこの旅行ボイコットを担任に申し出ました。担任の原野先生から欠席の理由を尋ねられ、咄嗟に「経済的理由」と答えると、全てを見透かした先生から「お金のことならワシが用立ててあげる」の一言で慰留されました。S尾は初心を貫き独り留守番でした。
後年原野先生の温かく大らかな心に感銘を受け、学友数名で定年退職の先生を訪ねました。先年奥さんを亡くされ意気消沈している先生に激励の言葉を贈りました。その後、奥さんの写真を胸に四国巡礼の旅に出られました。ほどなくして奥さんの後を追うようにして先生も亡くなられました。
金八先生のような原野先生との一枚を追加でアップしておきます。

http://www17.plala.or.jp/omorin/index.html
投稿者:美っ湖
こんにちは。すっかりご無沙汰しております☺
私も九州方面でしたがバスガイドさんに教わったのは…🎶岬の風に咲いて散る〜の南国情話でした。今でも覚えています。
梶光夫さんの「夢のやまなみハイウェイ」は教わらなかったですが良い歌ですね☺
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ