てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>karinさん 
おはようございま〜す。
大きな生き物なら個体確認して追い込むか、檻にでも入れて移動させるのですが、藻の下や岩場に隠れて確認のしようがありません。

“To be, or not to be : that is the question.”は、ハムレットの劇中有名なセリフですが、この機に調べてみましたら、様々な訳があるそうです。初期の日本語訳の代表的なものには、坪内逍遥の「世にある、世にあらぬ、それが疑問ぢゃ」(1926年)が紹介されていましたが、我々が描いていたイメージとは随分ズレていますね。

http://www17.plala.or.jp/omorin
投稿者:karin
omotannさん こんばんは

ほんとですねぇ、、、ハムレットの
“To be, or not to be : that is the question.”
の心情と同じく、、どうしたらよいものでしょうねぇ。

そうですね、はるすみさんへの返信にあるように
アユモドキを緊急避難させる方法を考えるしかないよう
ですね。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:omotann
>はるすみさん
桶門を閉じないままだと水量が多過ぎて、下流での藻刈り作業が出来ません。その間アユモドキを緊急避難させる方法でも考えるしかありません。難しい問題です。

http://www17.plala.or.jp/omorin
投稿者:はるすみ
桶門を閉じない方法はないものでしょうか。
アユモドキの死は心が痛みます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ