てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>はるすみさん
ようこそ、お帰りなさい。こちらこそ宜しくお願いいたします。
『男の顔は履歴書』の言を待つまでもなく、これまでの生き様が滲み出たようなお顔をされてるでしょう、中林さん!
この様に年輪を刻みたいものです。

↓karinさんにもお話ししましたが、演奏の合間のトークがこれまた良かったです。中林さんの凛としたお姿に接し、今後益々精進したいと闘志をかきたてられました。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:はるすみ
ご無沙汰いたしました。一ヶ月ぶりでブログに帰ってまいりました。今後ともよろしくお願いいたします。

写真で拝見する中村先生のお顔!良いお顔をされてますね〜まさに芸術家のお顔だと思いました。滲み出てらっしゃいます。

六段を演奏されるとは!!六段のギター演奏を聴いたことがありません。これはきっと聴き手の心を掴んだのではないでしょうか。
他、セットリストを拝見するとジャンルを問わない選曲に驚きました。流石ですね〜omotannさん、充実したミュージック・ライフを送っていらっしゃいますね。うらやましい程です!

http://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai
投稿者:omotann
>karinさん 
こんばんは。仰せの通りで、この1年半後の2008年7月に新堀ギター音楽院へ入学しました。小生60歳の折です。

中林さんの演奏曲のひとつ「わが心のアランフェス」を作曲したロドリーゴは恩師だそうです。
『(全盲の)ロドリーゴと一緒に散歩中、彼はバラ園で立ち止まり「今年のバラは蕾が小さいね」という。どうしてそれが分かるのか不思議がっていると「ナイチンゲールのさえずり方で分かる」といわれた。眼が見えないにもかかわらず、人を案内できる洞察力。自然の気配まで的確に把握する直感力に深い感銘を覚えた』と話しておられました。


http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:karin
omotannさん こんばんは

もしかしてomotannさんがギターを始められたのも2006年の中林淳眞さんのギターコンサートにいらしてからですか?

すごいですねぇ、88歳でコンサートを開催されるなんてすごい!近くなら私もお聴きしたい曲ばかりです。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ