てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>エンピロさん
小生も半世紀前の先生と備前焼作家のイメージが結びつきません。でもこのしおりを拝見して納得した次第です。

備前焼の中でも白備前は珍しく、遠路松山から来てくれた友達への何よりのお土産になりました。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
畝尾さんの新庄窯は何度も拝見していましたので、よく存じあげていました。恩師もまた興楽園という窯元なのですね。英文のしおりには感動しました。

久しぶりに再会を果たされ有意義な時間を過ごされたかと思います。焼き物のお土産まで頂いて最高ですね。私も焼き物をやっている同級生がいます。

私も「ぐいのみ」を頂きました。酒も器が大事で気分的に違いますね。



http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:omotann
>karinさん
こんにちは。
いつも仁丹をかみながら難解なグラマーを教えるなど、文字通り“苦み走った”先生でした。その秘密をお尋ねしたら「(生徒に)口臭を感じさせたら失礼」とのご配慮だったとお聞きし改めて感じ入った次第です。

備前焼といえば、土色(紫蘇色)をした独特な雰囲気が持ち味ですが、先生自作の「白備前」頂き、早速に友とこのぐい呑みで酌み交わしました。中々乙なものでした。

昨日お礼状を認めて差し上げた次第ですが、もうお一方小学校の恩師で50数年来年賀状を遣り取りしている方がおられます。全部保存版で残してあります。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:karin
omotannさん おはようございます

高校時代の恩師が備前焼をなさっているのですか。英文法を習った厳しい先生の印象が、、、今では笑顔の素敵な老紳士になられていたのですね。懐かしかったでしょうね。

高校時代の二人の先生と五十数年間賀状交換はしていますが、何十年もお会いしていませんねぇ、、、急にお会いしたくなりました。

先生の作られた「ぐい呑み」は素敵な記念となりましたね。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ