てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>suzieさん
おはようございま〜す。
待望の可愛い春待ち顔の蕾が膨らんで来ました。
以心伝心とはこのことですね。
投稿者:suzie
かわいらしい蕾!
「春までもう少し待っていてね」と囁いているようです。
omotannさんの気持ちが伝わったのですね!

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:omotann
>karinさん
おはようございま〜す。
娘さんのおうちでは、もう何年も咲かせているとは素晴らしい。karinさんがお友達から頂いたという、思い入れの花なんですね。

花が少なくなる冬場を彩る、まさしく“冬の花”がピッタリのシクラメンですね。
これは農学校の生徒たちが手掛けただけに見事なものです。しっかりと管理をして、いつまでも綺麗な花を咲かせたいと思っています。
投稿者:karin
omotannさん こんばんは

私の東京のアパートには鉢植えが全くありませ
んが、徒歩10分ほどのところに住む娘の家に
あるシクラメンの鉢植えはもう何年にもなりま
すが、いくつか花をつけて楽しませてくれます。

私が友人からいただいたものですが、花が咲く
と嬉しいですね。万一枯れた、と思われても
すぐには処分なさらないでくださいね。




http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:omotann
>エンピロさん
やはり夏場の管理がポイントのようです。是非とも向こう何年でも咲かせたいと念じています。

顔見知りの花屋が売れ残りのシクラメンを売りに来るのが年末の恒例行事でしたが、一昨年のことをきっかけに諦めて来なくなりました。
投稿者:エンピロ
シクラメンを越年させるのは難しいと思います。思いやりが通じたのでしょう。これから楽しみができましたね。うまくいけば、何年も鑑賞できると思います。

残念ながら、雪国の我が家では毎年シクラメンを買っています。それでも、4ヶ月は居間で楽しむことができます。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ