てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>エンピロさん
花の少ないこの時節、一際目を引く花です。毒草と書きましたが、反面麻薬的な効能もあるため、江戸時代には「麻酔薬」として用いられたそうです。「薬毒不二」の諺通りです。

どうみてもミカンの傍に混植はいただけませんね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/home.html
投稿者:エンピロ
初めて拝見しました。かわいいらしい名前とは裏腹に猛毒を持ち合わせているののですか。アルカロイド系ではケシの花と同じですね。

「天使になるかも知れない」というオチが素晴らしいです。死んでしまっては、ケシからんなどと言っても後の祭りですよね。

後ろのミカンが地域差を感じます。

http://green.ap.teacup.com/enpiro
投稿者:omotann
>suzieさん
この記事をアップして直ぐに、以前にも似たような内容で書いたことがあることを思い出し振り返ったところ、奇しくも昨年11月25日(一日違い)でした。テーマは「風船唐綿(フウセントウワタ)」でした。
その時にも書きましたが、美しいものに棘があったり、毒があることは世の習いです。人はつい美しいものには警戒心を解き、安易に近づこうとするもの。心したいものです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/home.html
投稿者:suzie
エンジェルズ・トランペットは知っていましたが(毎年見事に咲かせる家が近所にあります)、毒があるとは知りませんでした!
綺麗だから毒があるのか、毒があるからこそ綺麗なのか・・・・。

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ