てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>エンピロさん
仰せの通りです。「私は長男ながら、実はジナンです」と、かつてブログに書きましたから、今更カミングアウトするもしないもないのですが、「寺へ行く(死ぬ)まで治らない病気」と少しシャレてみました。

軍医あがりということだけでもないのでしょうが、かなり昔に絶滅したはずの術式「ホワイトヘッド手術」を受けております。当時は「決して再発しない根治性の高い手術」として一応の評価を得たのですが、12年後に再発し別の病院で再び手術を受けました。

最後の3行の接続詞を書き直しました。表現が曖昧で失礼いたしました。
S本氏は手術の順番が私のひとつ前だったということだけです。二人とも同時に入院し、その時点で家内の同窓と分かりました。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
「寺の病」は、恐らく「痔の病」のことですね。 「ヘモ日記」のヘモはヘモロイドでしょうから間違いなさそうですw でも隠語にしておいたとしたら、カミングアウトになってしまうのでしょうか(汗・笑)

0先生は軍医あがりですから、ある程度は止むを得ないところですかね。タマの当たる率が高いには、思わず反応してしまいました。

omotannさんとS本氏の関係がよくわかりません。奥さまとS本氏が中国郵政研究所の同窓とは、いつお分かりになられたのでしょうか?

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ