てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>suzieさん
弟の今後の生活の平穏を念じて頂き有難うございます。

マイホームを構えるまでにも振り出しが東京勤務で、両親は手元に戻ってくることを強く願っていました。

よく「遠くの親戚より近くの他人」といわれますが、何といっても兄弟や身内が近くに居るに勝るものはないと思います。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
>エンピロさん
文章を割愛したので誤解を招き失礼しました。弟は引続き「大阪」勤務なので、岡山と大阪の二重生活になります。いわゆる“土帰月来”という生活になろうかと思います。弟の息子が目下東京住まいです。

幸か不幸か一度も転勤の経験がありませんが、引越しのことは考えただけで気が遠くなります。
我が家の場合は、裏半分の2階建てを残しての建替えでしたが、どこにしまったかそれをキリに見失ったものがいくつかあります。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:suzie
22年間、転勤続きでらしたのですね。
ご両親、そして弟さんの奥様も、弟さんがマイホームに戻られたことを喜んでいらっしゃることでしょう。
弟さんのこれからの生活が、おだやかで喜び多いものになりますように。

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:エンピロ
遺骨を抱いての単身帰郷では残念でしたね。弟さんは東京での生活になりますが、岡山の家はそのままにしておくのですか。

家を建てるときに、片づけをやった経験がありますが、かなりの日数を必要としました。もうやりたくないという感じです。弟さんが一つひとつ品物を確認をしながら梱包をされたのがよくわかります。品物を見るたびに奥さんのことが浮かんできたことでしょうね。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ