てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>suzieさん
「遠くの親類より近くの他人」といいますが、私自身これを実感したことがあります。
英語の慣用句でもスバリ A neighbor is better than a relative living far away. というそうですから、洋の東西を問わず同じなんですね。

いざという時には、身近に心の拠所があればこれに勝るものはありません。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:suzie
被災されている方々にとっては、ご家族や親戚が、数少ないよりどころですね。
omotannさんのお気遣いに触れてK山さんが心強く感じれば、それによって被災者(K山さんのご親類)を元気づけることにもなると思います。

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:omotann
>mariさん
遠くは学生時代の下宿独り住まい、そして最近では弟の単身赴任などで、単身生活のわびしさや寂しさを十分に経験しているので人一倍そのお気持ちが伝わって来ます。
ましてや被災という惨い追い討ちを掛けられた日には堪ったものではありません。早く復興され元の生活に戻れるようただただ祈るだけです。

幸いなことに岡山では震災の直接的な影響はありませんが、形を変えて余波が出てきており、結構身辺にも関係者がおられます。
mariさんのところでは、いずれ先で海産物への懸念なども考えられ、不安なことですね。どうか(風評も含めて)被害が及びませんように。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
被災された方・ご親族の方々には、本当に申し上げる言葉さえも見つかりません。
心穏やかな時が過ごせますように、一刻でも早く復興するようにと祈るばかりです。

omotannさんのお気持ちに、K山さんはとてもお喜びになったでしょう(^^)
お近くにomotannさんのような存在がおられると、心強いことですね。

仕事場に、ご実家が福島というお客さまが来られました。
ご実家もご親戚も被災されたそうです。
ご本人たちは、先月東京から越してきたばかりのお若い夫婦でした。
お買い物をされながら「少しでも楽しいことがないとね」とおっしゃっていました。

私にできることいえば、おいしいものを召し上がっていただくお手伝いぐらい。
どうぞみなさまの食卓に笑顔が広がりますようにと願っています。


http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotann
>bluetearさん
ようこそお訪ねくださいました。初めてお訪ね頂きながら、レスが遅くなり大変失礼いたしました。

明日に母の3回忌法要(エンピロさんのご母堂の直後でした)を控え取り紛れておりました。

今日も法事の前泊の客に「CCレモンのコンポート」をお出しし大層喜ばれました。近年にないヒットでした。

備前焼は私の無二の親友がやっており、私は「門前のなんとか」ですが、大好きで備前焼の魅力の虜になっています。
「チャレンジ精神旺盛」といえば聞こえが良いですが、何にでも首を突っ込みたくなる、単なる好奇心の塊で、何一つものになった例がありません。

ご子息のことでは何かとご心配でしたね。犠牲者のことを思うと手放しでは喜べませんが、ご無事で何よりでした。
私の甥っ子も出張で震災直前まで仙台におり、すんでの所で難を逃れました。そのことは拙ブログでも少し触れました。淡路大震災の折には、芦屋で被災しておりますので、危うくダブルパンチに遭うところでした。人生危険と隣り合わせですね。

自粛ばかりでなく、むしろ復興に向けての勢いづけの一助になればと念じております。
仰るとおり「今まで以上に元気に上を向いて歩いて行く」ことも大事なことだと思い直しております。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
>モモエさん
お久し振りです。
少しは余震も収まったのでしょうか?いつまでも続き、ご心労がが絶えないこととお察し申し上げます。さらに原発のこともあり、とんだ災難ですね。時計は逆戻りできませんが、お気持ちは察して余りあります。
どうかお疲れのでませんように。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:bluetear
omotannさん、私の拙いブログへのコメント、とても嬉しかったです。
しかも、CCレモンのコンポートにチャレンジして下さり、それも嬉しいです。
omotannさんは、備前焼をされてるんですね。
ご自身のことを、何事にもチャレンジせずにはおれません。
と表現されてましたが、本当にチャレンジ精神旺盛で素敵な人生を歩まれていて、私も見習わなくてはと再度思いました(*^_^*)

原発や震災の事で、日本中、世界中の皆さんが心を痛めてます。
私の長男も昨年大学を卒業し、社会人としてスタートした昨秋、配属先が岩手県盛岡市と決まりとても遠くに行ってしまいました。
それほど雪も深くなく、信州と同じ位だと聞いていたのに、去年は東北に大雪が降り、幾ら雪には慣れている長男でも、松本では経験しないような大雪に家ではそれほどしなかった雪かきを何度も何度もしていたようです。
ようやく暖かい春を迎えるかと思った矢先、あの大震災。
長男の安否確認が取れるまで、私も生きた心地がしませんでした(T_T)

身近で暮らすK山さんという方のご親戚が被災されていたなんて、心の痛みを更に深く感じますね。
震災後の復興に向け、元気な私たちは今まで以上に元気に上を向いて歩いて行くことしか、なかなか出来ませんが、出来ることから少しずつですね。
自粛自粛ばかりだと、経済が倒れて復興が遅れてしまうことも私たちが再認識して、間接的でも協力して経済を回していくことも大切な復興への手助けだと思っています。
また安心して暮らせる、そして信頼される日本に戻って欲しいです。

長々すみませんでしたm(__)m

http://blog.goo.ne.jp/tame_bluetear/
投稿者:モモエ
避難者の皆さんの心の病も心配ですね。慣れない環境に、子供やお年寄り・・・安らげる時間もありませんね。会津にいても、空をみあげ、このきれいな空を汚したくないな、とつくづく思います。もう・・・ワタシもあびているのかなあ。。。なんて考えるとたまりませんね。3月10日に戻りたいです。

http://blog.livedoor.jp/lulu1211/
投稿者:omotann
>エンピロさん
4キロ圏内だと多分建家が見通せるほどの位置にあり、強制退去以前に恐ろしくて逃げ出したくなるでしょうね。

非礼を詫びてヤキトリもつけて差し上げたら「ビールまで・・・。恐縮です」と仰られ、ほっとしました。

ニュースでは菅さんがにやにやしながら応対していましたが、いくら跪いて話しても心の底が見え透いて怒りの火に油を注ぐようなものです。「(来るのが)1カ月遅いよ!!」という怒号が聞こえました。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
近くにも身近に被災されている方がおられたのですね。4キロ圏内ではすぐ近くで、強制退去を命ぜられてしまいますね。

ビールや保存米を差し上げても何ら失礼ではありません。私の場合、米はともかくビールの頂き物はうれしくて仕方ありません(笑)

昨日は菅首相が福島入りしましたが、避難民の怒りは収まらなかったようですね。私も一刻も早い収束を祈るばかりです。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ