てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>suzieさん
仰るとおり、春の味には、少々苦いものが多いですね。
「苦味が旨味」で肝心なものを忘れていました。その筆頭格がビールでしたね。

ふきのとうをはじめこれから出回る春の山菜の多くは植物の新芽ですから防御物質を持っています。冬眠から覚めた熊は、こうした山菜(新芽)を多量に食べて、その防御物質の作用や解毒代謝するために活性化する体内のさまざまな活動を利用して体調を整えるそうです。これは人間とて同じです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
>エンピロさん
やはりふきのとうは雪を割っていち早く春を告げる使者なんですね。
御当地ではあまり珍しくもありませんか。
定番レシピは天麩羅でしょうか。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:suzie
ふきのとう、タラの芽、つくしなど「春の味」は、少々苦いものが多いですね。
春に出た芽が虫に食われたりしないように苦みを武器にしていると聞いたことがありましたが、その苦みが毒素を体外に出す働きがあるとは知りませんでした。

子どもの頃に「なんで大人はこんな苦いものが好きなだろう?」って思ったもの、いろいろありましたね。ビールとか・・・。あ、ちょっと違うかな(^^;

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:エンピロ
我が家でも先日「ふき味噌」を食べたばかりです。親父が雪解けから僅かに出た土のところから見つけて来ました。近所では誰も食べていませんw とても美味しかったです。家族みんなで喜んで食べましたよ。

仰せのとおり、健康にもよさそうです。雪がまだ深い会津においてはブログ記事にしてもよいくらいでした(笑)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ