てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>mariさん
猛暑の影響が色んなところへ影を落としています。
我が家では彼岸花の開花が遅れ、金木犀が早まりました。畑のイチジクは実が熟すのが随分後へズレました。

絵心(写真心)も歌心もないので、借り物の詩に託してみました。
なかなか言い得て妙なる詩でしょう!

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
omotannさんのお庭の彼岸花は、今年も見事に咲いたのですね。
我が家は残念ながら咲きませんでした・・・(^^;)

彼岸花の溺れそうなほどの赤色と、金木犀の溢れる甘い香り。
両方の魅力が、写真から伝わってきました♪
それにしても「フラメンコ」と「おしゃべり」って、素敵な表現ですね〜。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotann
>エンピロさん
すぐに散って、まるで金色の雪が降り積もったように地面は橙色の花で覆われます。
金木犀の甘い香りは、言葉では表現できない独特の匂いですね。

歌詞を覚えるのが苦手で、よく勝手に自分流に置き換えて歌っては、家内から冷やかされる始末です。
しかし、このくだりだけはよく覚えていますよ。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
彼岸花と金木犀が庭にあるのですか。まさに競演と言ったところでしょうか。特に金木犀の花は命が短いというか、木の下が黄色くなるほど落ちていますよね。そばを歩いていただけで、ほのかな香りが漂ってきます。

金木犀が出て来る歌と言えば、アリスの「君の瞳は10000ボルト」ですね。「♪金木犀の咲く道を 銀色の翼の馬で賭けてくる 二十世紀のジャンヌ・ダークよ〜♪」とか歌っていました。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ