てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>mariさん
中国では普段はあまり食べないが、中秋節前には家族や親戚同士、取引先などありとあらゆるシチュエーションで月餅が行き交うそうです。

さすがに中国4000年の歴史は奥が深いですね。これまで中国は、天安門事件の前後に各一度しか行ったことはありませんが、驚かされることばかりです。

今は尖閣諸島を巡って、日本との関係がギクシャクしていますが、落ち着いたらもう一度訪ねてみたいです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
私もつい最近、プロポーズの際に月餅を贈ったという中国の方のお話を聞き、初めて月餅の持つ意味を知りました。

先日、中国出張から帰ってこられた取引先の方から、兄がお土産に月餅を頂いたらしく。
会社で月餅の話をしたら、同僚たちも驚いていましたよ。

どこの国でも自然には畏敬の念を抱き、家族のことを祈る行事があるものですね。


http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotann
>エンピロさん
同じです。何ら気に留めることもなく食べていたことを深く反省しています。
その向こう側にある背景などに思いを致すと、食べ方まで違ってきますね。

この度、わが国の「月にうさぎ」が、中国では「月に蛙」と知りました。

カロリーに気を配りながら、少しずつ味わいつつ名月を愛でたいと思います。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
今まで月餅の由来など、全く知らずに食べてきました。横浜の中華街などに行った時に土産を買ったり、おみやげに頂いたりたりと何度か食べています。元来甘党なので、喜んで食べていますが、1個何百円もする高級品なんですよね。

まもなく仲秋の名月なので、月餅の代わりに、まんじゅうや団子を食べて、一家円満、安泰をお祈りしたいと思います。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ