てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>mariさん
アコギの魅力新発見です。

高橋さんは聴衆との一体感を旨としておられるようで、キャッチボールをしながらの進行でした。最後の「切手のないおくりもの」はみんなで手拍子、唱和しました。
9月11日には倉敷物語館でコンサートがあったようです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
クラシックギターの音色も好きですが、アコギの音色も大好きです。
そう、あの残響感がたまりません!
特にバラード調のものだと、音に包まれているような感じがします。

オリジナル曲あり、皆さんによく知られた曲あり。
良いプログラムですね。
素敵な秋の夜を過ごされたようで何よりです。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotann
>エンピロさん
若い頃、ビートルズはやたら騒々しいと感じていましたが、今となればいずれも名曲揃いで、特にYesterdayなど胸にジーンと迫るものがあります。

アコギで奏でる「禁じられた遊び」も良かったですが、個人的には「アルハンブラの思い出」ですね。アコギで弾くとどんな感じになるんだろう?

私もこれまでは、「カポを使うのは簡単なコードに変えるための役割」とばかり思っていました。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
私はフォークソング世代なので、アコースティックギターの音色も好きで全く気になりません。もちろんクラシックギターの音色も大好きです。いずれのギターも弦が織りなす音に吸い込まれてしまいます。若いころ聞いた「Scarborough Fair」、「Yesterday」は往年の名曲で何度聞いても飽きません。

アンコールは「禁じられた遊び」でしたか。これもクラシック、アコギいずれで弾いても違和感はありませんね。

私の場合、カポを使うのは簡単なコードに変えるための役割だけでした(笑)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ