てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>suzieさん
鉄道は橋上をスピードダウンして通過しますが、海峡部は9.4qですからあっという間です。それでも天気に恵まれていれば、パノラマカーからの瀬戸の景色は絶景だったことと思います。

橋を渡らずに眺めるだけで訪れる機会はあまりありませんでしたが、こうしてみるとよくも9年6カ月でこんなモノを作ったなと改めて感心しました。というより海に橋を架けるという発想そのものに驚きです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
>エンピロさん
ご夫妻の顔を思い浮かべながら、また開通前に倅たちを連れてきて眺めた写真が頭をよぎりました。同時に一周忌を済ませたばかりの母親や親父(4月10日が命日)をも偲びました。月日が経つのは早いものです。

瀬戸大橋料金が1000円の間に四国へという思いもありましたが、生憎木曜日だったので断念しました。

現政権党には、これまで二度も騙され欺かれました。2007 年7月参院選での「姫の虎退治」に続いてです。今回は失望の連続です。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:suzie
瀬戸大橋はもう22歳になりましたか。

完成後3年くらいのときに電車で渡りましたが、感想は「鉄橋を渡っているという感覚しかなかった」です。もっと「いかにも瀬戸内海」という風景が車窓から眺められると、勝手に期待していましたが・・・。
こうして写真などで全景を見た方が、その規模の大きさと美しさに感動しますね。

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/
投稿者:エンピロ
もう22年になるんですね。私が何度か話題にしてきたので、聞き飽きたかも知れませんが、瀬戸大橋の開通日(昭和63年4月10日)ばかりは、忘れることがありません。何たってその時、私は結婚式をあげていたのですから(笑)

高速道路の上限料金制が先送りされる可能性が強まったようですね。理由の一つにこの瀬戸大橋などの料金との格差があげられているようです。

最初は無料化をマニュフェストにあげていましたが(汗)もちろん公約違反です。政権を取ったものの、沖縄米軍基地移転も含め、国民への裏切りが相次いでいます。結局は国民への「橋渡し」ができないのですね。



http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ