てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>エンピロさん
「普通に」といわれてもピンとこないのでネット検索しました。
ご当地では所謂、雑煮のことを「つゆ餅」とか「こづゆ」とか呼ぶんだそうですね。いい勉強になりました。

そうですよね。「米粉」と「もち米」では、同じように蒸して搗くでも、意味が全然違う訳ですね。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
こちら会津では「雑煮」という表現はあまり使いません。普通にと言います。ですから、焼いたモチを入れてたべるパターンがないと言った方がいいかも。

我が家の「つゆもち」は醤油ベースで、鶏肉、ゴボウ、ネギ(玉ねぎ)味がメインですね。

買った餅は外国産の場合、「米粉」が主流です。これだと「米」の輸入にならないからです。「米粉」であれば単なる加工品扱いですからね(汗)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:omotann
>mariさん
正月三が日は雑煮は欠かせませんね。やはり具材にブリとモガイは不可欠ですか。
「食べ慣れた味が一番」とは、お説ご尤もです。

そんな餅大好き人間ですが、寂しいことに近年は家で餅をつかなくなりました。市販の餅で「随分安いなぁ」と思い手に取ると「米粉」だったりしてがっかりさせられます。似て非なるもので、もち米を杵でついた餅とは全然違います。

かきもちの味も懐かしいです。体には良くないと知りつつ、油で揚げたかきもちは、食べだしたら止まりません。それが高じて「かくなりつる」です。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:mari
我が家はお雑煮大好き一家です。
毎日でも大丈夫なくらい♪
omotannさん家のお雑煮もおいしそう(*^^*)

omotannさんと一緒で我が家もお醤油ベースです。
それもすっきり系。
具材はブリとモガイ、人参、里芋、ほうれん草、カマボコを入れます。

一口にお雑煮といっても各家庭それぞれの味があって、良いものですね。
私の知り合いのお家は、「旦那様・白味噌味」「奥さま・お醤油味」で育ったので、二種類のお雑煮を作るそうです。
やっぱり食べ慣れた味が一番ということでしょうか。

http://blog.goo.ne.jp/pole-to-pole/
投稿者:omotann
>つーみーさん
こちらこそ正月早々ブログに穴をあけずに済みました。どうも有難うございます。

同じ雑煮でも所によって味わい方の違いがよく分かりますね。するめは隠し味になりますのでお勧めです。

当方は昼食の後もぜんざいにして2個も食べてしまい、腹ごなしに1時間歩いて来た所です。さらにこれで夕食はかなりカットしなければなりません。きなこは正解です。
あんもち雑煮はちょっと勇気がいります。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:つーみー
omotannさん
早速私の質問に答えていただきありがとうございます!
岐阜でもだし汁、醤油ベースは一緒ですが、するめは
入れませんでした。するめ、、いい味が出そうですね。
あと、水からお餅をゆでるんですね〜。
岐阜も、切り餅をお出汁、醤油を入れてから、焼かずに
入れてました。

私も3日連続でお餅を食べていると、高カロリーなのか
吹き出物が出てきました。お雑煮もぜんざいも焼餅も
しましたよ。あとはきなこにしようかなあと思ってます。

あんこのお餅美味しそうですね、でも白味噌ってどんな感じ
なんでしょうね。


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1378890397&owner_id=3299499
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ