てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
>つーみーさん
義妹にしてみれば「誰かがやらなければ…」という使命感からとった行動にもかかわらず、父の機嫌を損ねてしまい、後味悪く引き揚げて行きました。
一方、義父からすれば実の娘だけに言いたい放題でしたが、翌日は何事もなかったかのようにケロッとしていました。

軽トラック4杯分の処分品は全て有料で、ゴミの1個1個に貼る“有料シール”が足らなくなり買いに走りました。労力だけでなく、かなりお金もかかりました。

親父の死後10数年経ってやっとかなりの不要品を処分しましたが、倉庫にはまだまだ山のようにあります。いつかは手をつけなければならないのですが、想像しただけで草臥れが出そうです。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:つーみー
そうですか。。義妹さんだけでなくお手伝いされたomotannさんの
奥様、omotannさんもお疲れ様でした。
暮らしが豊かでなかったぶん、昔の人は捨てられない、それだけ
物を大事にしてきたというのはすごく良く分かります。
私の祖母がものすごく物を溜め込む人で、伯母が祖母の生前に
そろそろ身の回りを整理してかないと、亡くなった後に片付けが
大変なのは遺族だから、と言うと、ものすごく怒っていた記憶が
あります。
実際粗大ゴミは祖母の死後は有料になり、処分に手間とお金がかかりました。それでも全部片付いたわけではないのです。
それを反面教師にして、うちの両親はそんなに溜め込んでないかというと
そうでもなさそうです。(^^;;
もっと心配なのは義両親宅、そして義祖母(故人)宅です。
嫁の立場なので何も言えず、主人もそういうことを言えない(言いたくない)性格なので、年々荷物が増えています。
ただ、怖いもの知らずか、息子が「おじいちゃん物いっぱいでぼくたちが
せまい!」と言ってのけましたが、かわいい孫が嫌味?を言ったとて
全然効かないようです。。。
長文失礼しました。
義妹さん、みんなが敬遠するお仕事をよくぞやってくださいましたね。
投稿者:omotann
>mikiさん
そうですか、何処も同じ。しかも冷静に見れば自身のことなんですね!

何時だったか独り暮らしの義父に新しい洗濯機をプレゼントした折、一頻りぶつくさ言っておりました。その時の古い洗濯機は未だに置いてあります。

いつの世にあってもモノを大切にする心は大切なことなので、是非とも次代に引継ぎたいと思います。

我が家ではちょっとした小物の必要が生じた時には、買う前に倅達が残していった机の引き出しやタンスを確かめてからにしています。大抵はこれで間に合います。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:miki
何処のお宅も同じようですね。
私の実家でも数年前、調子が悪い洗濯機を処分する時に、母が「勿体ないねぇ、まだ使えるのに〜」と言っていた事がありました。
納得してもらうまで大変でした。

母は二層式の洗濯機に色々な事を聞いてもらっていたのかも知れません。

その後、押入れや物置の不用品(私にとっての)を処分しようと思っていましたが、友人から「親にとってはみんな大事な物なんだから・・・」
と教えられました。

それでも前回の帰省時、私の若い頃の洋服がクリーニング屋の袋に入って見つかった時には正直驚きました!
(お陰で当時のことを思い出しましたが・・・)

私も母のDNAを引き継いでいるので、子供達から時々非難を浴びています(汗)
それも正面から!
投稿者:omotann
>エンピロさん
お母様もそうでしたか!

家の両親、特に親父がそうでした。愚にもつかないものばかり溜め込み、処理したのは亡くなって10年以上経ってからでした。
小生は間違いなくそのDNAを引き継いでいますので、案外倅どもも陰で思っていることでしょう。

義父はまさしくエンピロさんが仰るように「お城を侵害された気分」に違いありません。
実の娘でこうですから、仮に義弟の嫁だったりしたら大事だったと思います。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
私のおふくろも「ためこむ」習性?がありました(汗・笑)今から8、9年前、家を新築するときのことでした。家を解体するので、どうせ「産業廃棄物」として処分するのだから、要らないものは「この機会」と思っていたのですが、「死んでから捨ててくろ」と、がんとして譲りませんでした。もう使いものにならないような嫁入りタンス、ベビータンスなどがあったのですが、いまだに捨てないであります(汗)母は決して裕福な家に育ってきたわけではありませんが、そうした育ちが影響してか昔人は捨てられないのでしょうね。

お義父さんも、「お城」を侵害された気分で、すべてを失ってしまったような錯覚に陥ってしまったのでしょうね。それでも娘さんだから許せますよ。「嫁」がやったら一大事です(汗・笑)義妹さんの複雑な気持ちも察して余りあります。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ