てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
エンピロさん
東京保険医協会は、「5分ルール」について緊急に厚労大臣、中医協委員に抗議文を提出していますが、その中で『インフルエンザなどの感染性疾患の流行期は、5分以上の時間をかけるよりもパンフレットなどを渡し迅速キットで正確な診断をすることで、5分以内でも十分な外来管理となる例も多い。さらに、皮膚科、整形外科などの場合、看護師等のスタッフによるケアを受けるため実質1人5分以上となる例もある。』と具体事例を述べています。

そうですね。「いらっしゃいませ」や「またお越しください」なども、患者の感情を逆撫でしますね。
「どうぞお大事に」は無難なところでしょうか。


http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
私も「1人5分制」にはやや疑問を感じます。診療報酬を上乗せできることで、儲けられる医師も出そうです。まあ、世の中、同じ時間働いて、半分しかできなくても同じ給料をもらうことがありますからね(汗・笑)

自動精算機を使ったことがないので「どうぞお大事に」は聞いたことがありません。「いらっしゃいませ」「またお越しください」もないでしょうね(爆)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ