てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
suzieさん
うまい!!座布団3枚!!
バチでも当たって天罰をくらわなければ、「八つ当たり」のひとつもしたくなります。

うちに来た時の柿の幼木は1bはありましたから、既に種から数年経っていたと思われます。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:suzie
実は8年もかからないのですね。
あるいは、その木が特別に早く実をつけてくれたのでしょうか。

それにしても、せっかく実をつけたのに、勝手にもいでいってしまうなんて、ひどいことをする人がいるものです(怒)
そんな人には、きっとバチが当たるでしょう。

http://wanderingsuzie.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:omotann
エンピロさん
そうなんです。柿が生るまでに8年もかからないことを実証する好機だったんです。

たった1個の柿で、ご先祖も分けようがなかったと思います。

昨年の貴ブログで拝見した「会津身不知柿」ですね。今年は生り年なのかな?
わが家の西条柿は裏年に加えて、エンピロさんの所のサトイモと一緒で「小でき」です。


http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:omotann
三日月51さん
犯行現場を押えていないので迂闊なことは言えませんが、凡そ犯人の目星はついています。
日頃から町内に不審行動をとる人物をマークしており、かつて温州みかん盗難の時も、彼がみかんの木の周りをうろうろしていた直後でした。
たかが柿ではありますが、何とも情けない世の中を深く憂えます。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
「桃栗3年柿も負けずに3年」だったのに、心無い輩がいるものですね。せっかく心待ちしていた柿が盗難に遭い、悔しさ如何ばかりかと心中お察し申し上げます。

それでも、omotannさんの先祖を大切に思う気持ちから、1個残ったものを仏壇に供えることが出き、お父様始め先祖様も喜んでいることでしょう。

富有柿は西日本で多く栽培されていますが、甘柿なんですよね。こちらの会津身不知柿(みしらずがき)もようやく出回ってきたところですね。渋柿なので焼酎で渋抜きをします。

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
投稿者:三日月51
道路沿いの野菜や果物は自然に生っているくらいに思っている輩がいるらしいです。何とも口惜しいですね。

わが家でも熟した順にカラスに持っていかれ恨めしく眺めています。しかし、悪ガキの子供が犯人だとすれば笑って許せるような気もします。自分も子供の頃に隣家に忍び込み失敬した覚えがありますから・・・

それにしても3/4は情け容赦ない仕打ちですね。大切なひとつを仏前に供えられたお気持ちが救いです。

http://plaza.rakuten.co.jp/mikazuki51
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ