てすさび日誌

三十数年間の哀しき宮仕えをやっと早退し、“毎日が日曜日”のomotannが、たわいない生活の一コマや雑感をしたためた「てすさび日誌」です。(2005/4/20)

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

過去ログ

今日のニュース

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:omotann
エンピエロさん
「甘と辛」のコンビネーションが絶妙の味です。
スイカやトマトにパラパラと塩を振りかけると味が引き立ちますが、いわばその類でしょうか。
この匙加減が企業秘密で、同じ「塩味饅頭」でもメーカーによって微妙に違います。

同じ寒梅粉から作る薄皮の「落雁」のようなもので、あんをくるんでいますが、皮にしてもあんにしても「硬さと柔らかさ」が紙一重の絶妙のバランスです。

こちらでは赤穂の塩も、伯方の塩も甲乙つけ難いです。瀬戸内海の恵みですね。

どうしても馴染みのところが安心して落ち着けますね。い〜い湯でした。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
投稿者:エンピロ
「塩味饅頭」はアンがずっしりで美味しそうです。甘党なので目がありません(笑)皮が薄く色合いもいいです。

赤穂の塩も名産ですね。伯方の塩も有名ですが、瀬戸内海が適しているのでしょうね。

最後はやっぱり安心できるお膝元?の温泉に落ち着きましたか(笑)

http://green.ap.teacup.com/page1nosai/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ