Norman's BLOG

鳥の写真・花の写真・何でもありのブログです。
SINCE April 2005 (Title back:アカオネッタイチョウ)

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
« 青空 | Main | 期待 »
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:norman
コメントありがとうございます。
通りすがりさん、ご存じの通り、図鑑ではニシオジロビタキとされてますが、鳥学会では検討種としていますよね。移動ルートが不明確というのも検討種の理由と言うことですが、正直、私も同じように疑問を感じています。オジロビタキの繁殖地を経由して渡ってくると言うのは無理がありそうで。「分布の連続による中間個体群の存在や交雑の可能性」と言う意見に、うんうんと頷きたくなるのですが、この結論が出るのはずっと先の話になりそうです。誰かDNAの解析とかしないのでしょうか。
投稿者:通りすがり
オジロビタキ、ニシオジロビタキ、国内の図鑑に両方が載る前に、二回見ています。共に少なくとも成鳥♂ではありませんでした。あれはどちらだったんだろう?。そして、いつから欧州物がこんなに毎年来るようになったんでしょう?。

秋ヶ瀬って何?

  …そうか、秋ヶ瀬って

最近のトラックバック

 

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ