New Country Blog

カントリー・ミュージックの情報をお届けします!

 

No.1 アルバム

  

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:VET
逍遥軒 さん

詳しい横槍…じゃなくて情報(笑)、
ありがとうございます!

90年代あたりは、リーバにかぎらず、
カントリー系の国内盤が数多く
存在していましたよね〜!
いま考えると、生唾モノです。

ライス・レコードはジュリー・ロバーツも
扱っていましたよね。
リーバ、シュガーランドだけじゃなく、
こんなマニアックなところも扱うなんて、
なかなかな存在です(笑)

http://fine.ap.teacup.com/newcountryblog/
投稿者:逍遥軒
またもや横槍失礼します。
藤原紀香ことレバさんの邦盤は、
私の知る限りでは、CDの範疇で
『MY KIND OF COUNTRY』から
'96年の『WHAT IF IT'S YOU』までが
存在していました。
と云う事は、当然『STARTING OVER』も
邦盤化されてるって訳です。
その後10年ほど邦盤配給がストップしました
が、近年になってライス・レコードと云う
日本の業者が英国のレーベルと契約し、
輸入盤国内仕様と云うカタチでレバさんを
取り扱い始めたようです。
確かシュガーランドのDVD付ライヴ盤
(の後出しの方)も、
そのライスが扱っていたはずですよ。
投稿者:VET
POCKE さん

こんばんは。

そうなんですよね〜
結構、国内盤がでています。

レバさんの「You Keep Me Hangin' On」、
私のフェイバリットだったりします(笑)
あのコブシがたまりません!
クラヴ・ヴァージョンなんかもあって、
なかなかグーです。

ジャニス・イアン。
「岸辺のアルバム」のイメージが強すぎ(笑)
…なのは、私だけ!?

http://fine.ap.teacup.com/newcountryblog/
投稿者:POCKE
VETさん、こんばんは。

レバさんって以外に国内盤がでているんですよね。
Starting・Overもその一枚でしょうか?
このアルバムはOn・My・Own、500マイルも離れて、など誰もが一度は耳にした曲を収録したものです。でも、You・Keep・Me・Hangin・Onを唄っているレバさん、小節が効きすぎ・・・。               ドナ・サマーが苦笑していますよ。

さて、今夜はロバータ・フラッグを聴いています。今、流れているJessiはジャニス・イアンとはまた違う味わいがあります。

No.1 シングル

  

掲示板

New Country Site

ホーム・ページです。こちらよりどうぞ。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ