2006/1/5

バファリン  hiro

最近は飲まないのですが、
以前、なぜか年に1回か2回、猛烈な頭痛に襲われることがあり
バファリンを飲むと、翌日はケロっとしておりました。
そのころは、
「俺は定期的にバファリン飲むようになっているのだ」
と思い込んでおりました。
当時の血圧180。
はっはっは。

5年位前、出張中に風邪をこじらしており、
某ホテルにチェックインしたとき、
荷物を運んでくれたホテルスタッフの女性にエレベーター内で
「大丈夫ですか」
と聞かれ、
「大丈夫ではありません」
と正直に答えました。下向いたまま。

荷物を置いて、立ち去ってから数分後、コンコンとドアが鳴る。
もう動けない私は、ふらふらになりながらドアを開けると
さっきの女性が、バファリンを持ってきてくれました。
25歳の初夏。甘酸っぱい思い出。
まあ、それっきりですけど。
顔も見てないですが。(コンタクト外してたし)
彼女は、今いずこへ。

と、下手をすると人生を変えてしまうバファリン。
先日、会社で
「え?バファリン飲んでるんですか?怖いから飲まないですよ」
と言われ、ずっと心に引っかかってました。
怖い?バファリンが?成分の半分は「やさしさ」じゃないの?

調べてみました。

===================================
(以下引用)
アルコールと一緒にとると、
アスピリンの吸収が早まり、薬の作用が強く出すぎて、時に胃に穴があいたり肝臓、腎臓障害を起こす恐れがある。

ドリンク剤にも微量ながらアルコールが入っているので、アスピリンを飲んでいる時にドリンク剤を飲むと危険。

=================================

ほほう。
そういえば、サークルの合宿で、全裸でビールかけしました。
ホテルの2階の屋根に上り、男20人くらいで。
その時、かまち君がが泥酔してビール瓶で手を切って
包帯ぐるぐるのまま、廊下で寝ていて、
「痛み止めです」
と、後輩の女子がバファリン飲ませてました。
寝言で、かまちが、
「冷たい。死にそうだ。ぴりぴりする」
と一晩中言ってたのお。
このことか・・。
良かった。あいつは生きている。

================

(以下引用)
アスピリンを服用しているとビタミンCの血液中濃度が低くなることがわかっています。動物実験の結果から、組み合わせで壊血病や吐血する可能性がある。これは、アスピリンにより、ビタミンCの消費を速めたり、腸からのビタミンCの吸収を阻害することにより、ビタミンC欠乏症が起きるのではないかと推測。

==================

と、いろいろと出てきました。
すぐ解けて、胃にやさしい。
あまりやさしく無いようです。

むしろ原料を知りたくなってきました。
昭和38年に、初めてアメリカから輸入されたようでございます。
胃ガンの発生率とかとリンクしていなければ
良いのですが。

今年は、バファリンのお世話にならないように
健康でありたいと願う、今日この頃でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/1/7  13:18

投稿者:もっち

小次郎さん>
歯の治療と頭痛。
私、歯並び悪いので、それが原因だと思います。
ちなみに虫歯が1本も無いので
小学生以来、歯医者には行ってないからな・・。

とびびん>
ナロンエース飲みすぎでは?
お酒を飲んだ翌日、ぶっ倒れていることあるでしょ?
原因はこれだ。間違いない。

たまさん>
飛行機内というのは気圧が違うから
薬の利き方も違うのでしょうか。
お岩さん。怖い。

?さん>
タイレノール。
「夕化ール」
に見えました。ゆうばけーる。

tsukiさん>
酔い止め薬も飲んだことを忘れて、
酔ってしまう私。
バスの中で行程表を見なくてはならないときは
最悪でした。
当時は、「酔い止めバンド」を腕に巻いていました。
あれは最強です。
ただ、バスを降りた後に巻いたままだと
平地で酔ってしまいます(涙)



2006/1/6  23:08

投稿者:tsuki

新年明けました。
今年も楽しくブログ拝見させていただきますね。
宜しくお願いします。

私の場合、旅に出る時には、心配だから、日本の薬は持参していくのですが、あくまで緊急時の為ですよね・・・薬はリスクで、即効性を求めるものだと思います。全ては否定しません。そして、服用する時のその人の体調も関与してくるかと思います。頭痛の場合、激痛で病院へ行ける環境でなければ、薬の力を借りればいいかと思います。多少の痛みであれば、ストレスにならない環境を作る方が自分の為にもいいです。例えば大笑いするとか・・・アロマテラピーでいうと、ペパーミントの香りを嗅ぐだけでも違いますので、機会があったらお試し下さいね。ペパーミントの精油には、鎮痛作用があります。常備していると、乗り物酔いのお客様にも対応できるかもしれません・・・

http://diary.jp.aol.com/45sbxs/

2006/1/6  9:06

投稿者:もっち

なんだか、怖くなってきました(笑)
そういえば、別の薬の副作用で
目が見えなくなったときあります。
皆様、健康第一ということで・・。

2006/1/5  23:22

投稿者:?

薬って危険ですね。
この間の風邪で私もよく身に染みてわかりました。
ミヤサコさんは頭痛持ちなのですね。
タイレノールはどうでしょうか?
元々子供用の薬だったと聞いています。
私は市販の日本の風邪薬で絶対に胃を痛くするのです。だから海外にいたときはこのタイレノールが離せなかったです。
今は日本でも売っていますね。

2006/1/5  18:32

投稿者:たま

私の場合、頭痛薬自体を飲んだ記憶が・・人生の中で
2〜3回かもしれません。バファリンが怖いと知ったのは、修学旅行の飛行機の中。
友人がバファリンもらって、飲んだ後、顔の半分が腫れ上がり、お岩さんになっているのを見た時でした。その時の怖いイメージから、なかなか飲めません。 運よく私は、頭も痛くならないので、薬も必要ないのですけれど。怖くなりました。

2006/1/5  16:35

投稿者:とびびん

アスピリンと、バファリンと、ナロンエースってどう違うんだろ???ちなみに私は、ナロンエースを20〜30錠は服用してます。特にどこも悪くないような???私が、医者から聞いた話だと、痛みを我慢するより薬で緩和したほうが、よっぽど体に良いとか???真相どうなんでしょうかね?

2006/1/5  11:30

投稿者:小次郎

バファリン、危険ですね。
その昔20代の若かりし頃、
偏頭痛持ちでしょっちゅうアスピリンを
服用していました(当時アメリカに住んでました)。
日本へ帰国して、扁桃腺が腫れ病院で
アスピリン系の痛み止めの点滴を打たれ、
帰宅。その夜唇がキン肉マンより厚く
晴れ上がり、ドリフの長さん並に・・・。
救急病院へ夜中へ行きました。
別の日に頭痛を治そうとバファリンを。
見事に長さんになりました。
嫁は変わり果てた私の顔を見て
笑い転げていましたが、深刻でした。
それ以来、アスピリン系は全く体が受け付けず、
どんなに痛いことが起こっても、がまん
することしかできません。
アスピリン系のアレルギーは唇が腫れあがって
しまうことも多いらしく、注意せよ、とのこと。
恐ろしい薬です!と一茂に言わせたいです。
因みに偏頭痛ですが、歯の治療をしたら
ぴたっと直りました。歯の健康は
体の健康にすぐ出るようです。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ