2007/3/17

文學ト云フ事「三四郎」  文學ト云フ事

「『文學ト云フ事』。この番組は文学を読むための壮大な予告編である。」
----------------------------------------------------------------------
恋はあまりにも、難解だった。
文学史上に燦然と輝く青春小説の金字塔。

明治41年朝日新聞に連載され「それから」「門」と共に三部作をなす。
作品の舞台となった東大の瓢箪 (ひょうたん) 池は、 後に三四郎池と呼ばれるようになった。
漱石は「私は女の読者を眼中に置いたことがない」と語っている。
つまり彼は男のために、女を書いていた。事実、 漱石ファンは男性が圧倒的に多い。 鼻っぱしの強い美禰子のモデルは婦人運動家の美女・平塚らいてう。
彼女は一流のお嬢様の身で、漱石の弟子と謎の心中事件を起こした。
そんな彼女の生きざまを知り、女性の神秘さを描いたとされている。

■名科白集:
三四郎は茫然 (ぼんやり) していた。 やがて、小さな声で「矛盾だ」と云った。

大学の空気とあの女が矛盾なのだか、あの色彩とあの目付きが矛盾なのだか、 それとも未来に対する自分の方針が矛盾しているのかこの田舎出の青年には、 凡て解らなかった。ただ何だか矛盾であった。

女は恐ろしいものだよ。

雲は雲じゃなくっちゃいけないわ。 こうして遠くから眺めている甲斐がないじゃありませんか。

どうも好きなものには自然と手が出るものでね。仕方がない。
豚などは、手が出ない代わりに鼻が出る。

結婚は考え物だよ。離合聚散、共に自由にならない。

僕が女に、あなたが絵だと云うと、女が僕に、あなたは詩だと云った。

二十歳前後の同い年の男女を二人並べてみろ。 女の方が万事上手だぁね。
男は馬鹿にされるばかりだ。

熊本より東京は広い。東京より日本は広い。日本より、頭の中の方が広いでしょう。

画はインスピレーションですぐ描けるから可いが、 物理の実験はそう旨くは不可ない。

自然を翻訳すると、みんな人間に化けてしまうから面白い。 崇高だとか、偉大だとか、雄壮だとか。

「ヘリオトロープ」と女が静かに云った。三四郎は思わず顔を後ろへ引いた。
ヘリオトロープの罎 (びん) 。
四丁目の夕暮。
迷羊 (ストレイシープ) 。
迷羊 (ストレイシープ) 。
空には高い日が明らかに懸る。
0



2007/6/4  0:11

投稿者:もっち

カンテラさん>
はじめまして。
再放送もしくはDVDでの販売を待っている次第です。
「マッチョ〜」と叫んでいた教授は、片岡K氏であったというトリビア。

2007/6/3  6:18

投稿者:カンテラ

「文学ト云フ事」で検索したらこちらがヒットしまして、お邪魔させてもらいました。

この番組、何回かリアルタイムで見たことあります。
いくつか録画もしてました。
「ヘリオトロープ」という言葉を辞書で引いたりイロイロ調べたこともあります。

番組で紹介された文学作品は全て読んだなぁ。

これ、また再放送しないでしょうか・・・。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ