2006/11/4

もみじ市  hiro

同僚のMさんから誘われた「もみじ市」へ行ってきました。
不思議な空間でした。

「東京の小さなものづくり市」となっておりましたが、
ハープの演奏があったり、手作りジャム、パンなど
大人の学園祭といった雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

久々に命の洗濯をした気分。
落ち葉を踏みしめる音。
東京で感じる秋。
なぜか懐かしい。

小学校のとき、遠回りして帰ったあの感覚に似ている。

これを企画し、実施した方々を尊敬します。
Mさん、お疲れ様でした。明日も頑張ってください。

その後新宿で、高校の先輩と真昼間から泡盛&焼酎。
ダメだ・・。
もういつものオッサンに戻ってしまった。
0



2006/11/8  1:28

投稿者:もっち

真琴さん>
時間は、早くもなったり、遅くもなったりするということを久しぶりに思い出しました。
「秋田」に作ろうとしている「森のテラス」にいつか行ってみたいと思います。

2006/11/8  1:22

投稿者:もっち

ホセさん>
地図を持っていかないところが、「らしい」です。
自分は、先輩と小さな立て看板を頼りに行きました。
ジャムがなかなか減りません。

2006/11/6  22:21

投稿者:真琴

大人の学園祭、なるほどなあと思いました。うまいこと言いますね。

やはりこの時代にあって(?)ある雰囲気を求めている人は結構いるんでしょうね。私も含めたそう言う人たちにその機会をくれたというか、出会わせてくれたということが素晴らしいと思います。そんなに深く考えているわけじゃなくてものんびりしたものが好き、とか、今はスピードが早すぎて楽しいけど疲れる、と思っている人が気持ちのコートを一枚脱いでほっとくつろげる雰囲気があったように思います。

市が終わればまた森は元通りでもうあの空間はないんだというのが、寂しくもありなんだか素敵でもあります。

http://cafe-m-style.net

2006/11/5  23:21

投稿者:ホセ

われわれも参加させていただきました。
場所がなかなかわからなくて焦りました。
ジャムと茶筒を買って帰りました。
あの「空気感」はなかなか出せないよね。素晴らしい。

2006/11/5  22:53

投稿者:もっち

おつかれさまでした。
ご苦労がたくさんあったことと思いますが、訪れていた人は皆、笑顔と元気をもらったと思います。
心の洗濯をした気がします。(すぐに飲んだくれましたが・・笑)

2006/11/5  5:27

投稿者:こまえ

こんにちは。
遠いところ足を運んでいただきまして本当にどうもありがとうございました!
ハープは木漏れ日のなか、神々しく輝いていましたね。
でも狭くて椅子が足りなくて申し訳なかったですね。すみません…。
あと一日がんばります。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ