2006/10/17


佐渡ヶ島へ。

思い起こせば、初めての添乗は「新潟」でした。
学校を退職された女性の皆様
(退職者婦人協会・略して「退婦協」という)の
新潟大会があり、社会人ほやほやの私も
先輩に着いて行った。

翌朝、佐渡汽船の乗り場まで案内し、そこで見送って終了だったけど、
おばあちゃん・・いや元先生達に、
「あらまぁ〜新入社員?」
「来年も会いましょうね〜」
とかわいがってくれたのを、汽船の乗り場で思い出した。

朝7時30分。乗り場は凄い混んでいた。
全席指定で、乗船名簿に名前と住所を記入して乗り込む。

ジェットフォイルの説明が船内で流れ、
「水上を飛ぶ」
と言っている。

クリックすると元のサイズで表示します

佐渡までは約60キロ離れているが、とにかく速い。確かに飛んでいる。
クリックすると元のサイズで表示します

出発前のイメージ。
佐渡。金山。トキ。尖閣湾。ジェンキンスさん。
帰り道にどう変わっているか。
0



2006/10/20  0:37

投稿者:もっち

せりぱん>
佐渡に行った話をしていたこと覚えてます。
真似していたのも(笑)
シネマワールド、もう無いんだよね。
個人的には好きだったんだけどな・・。
「小津アングル」「フィルムの切れ端のしおり」
学校さぼって行ったね(笑)

2006/10/20  0:28

投稿者:もっち

お嬢>
おお、あのご両親様!
「もう食えません」と言っても、ガンガン調理される・・あのお母様。
「あのソフト」のこと、聞いてみてください(笑)

2006/10/19  18:32

投稿者:ぱん

高校生の時、佐渡金山に家族旅行で行ったことがあります。
資料館のようなものがあり、鉱山内部が復元されてました。そこには、江戸時代の炭坑夫(罪人なのかな)の蝋人形が置いてあり、「酒も飲みてぇ、馴染みの女にも会いてぇなぁ〜」とかいう音声が流れていました。なんかインパクトがあり、鮮明に覚えています。
そういえば、モッちゃんに連れられて行った、鎌倉シネマワールドにも、喪服を着た寅次郎の蝋人形がいましたね。動かなかったね、寅さん。

2006/10/18  23:01

投稿者:お嬢

マジ?
うちの両親が今日まで佐渡に旅行してたのよー。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ