2006/9/24

コーヒーにミルク  hiro

コーヒーにミルク。
ドトールでバイトしていた頃、
お客様の顔を見て、「この人は2つ」とか
覚えていたので、それで喜んでもらっていた。

あと、私の変なクセだったのだが、
途中までブラックで飲んで
半分くらいからミルク入れて飲んでいた。

「ミルク」いわゆる「コーヒーポーション」「コーヒーフレッシュ」
と呼ばれるものだが、
あまり気にも留めていなかった。
ただ、某CMで「植物から出来ています」
というのを見たときに、「?」と思ったことはあったけど。

ほとんどの「ポーション」の原材料は、
植物油に水を混ぜて乳化剤などの添加物で白く濁らせて
香料を添加し、ミルク風に仕立てたものだという。

まさかねえ。
袋の裏には、
_________________
名称:植物性油脂クリーミング食品
原材料名:植物油脂、還元澱粉糖化物、乳製品、砂糖、カゼインNa、乳化剤、pH調整剤、セルロース、ポリリン酸Na、安定剤(カラギナン)、香料
_________________

・・乳化剤?ポリリン?
なんだかなぁ・・。
0



2006/10/1  12:39

投稿者:もっち

んだんだ。ミルクでは無いだべさ。
「油」を白くしたもんだべさ。

添加物に興味を持つと、この国の事情が見えてきます。
もうそれ無しでは、国民すべてに食物を行き渡らせることが出来ないといくことが。
未来の子供たちにツケが回らないことを祈りましょう。

2006/9/28  13:56

投稿者:ねいさん

たしかに「ミルク」ではないですよね・・・。

私は紅茶派なのですが、ミルクティーでこの「コーヒーフレッシュ」みたいのが出てくると
ムッとしちゃいます。

クリープは子供の頃ペロペロ舐めてましたが、これも
何でできているのでしょうね・・・。

カルピスだけは信じたい・・・。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ