2006/5/22

はるかのひまわり  hiro

朝6:30。神戸空港にて。
朝1番の便で東京へ戻る。

朝食を買おうと、寝ぼけた顔でレジを済ませて
待合ロビーに座ろうとしておりましたら、
「ご自由にお取りください」
という白い小さな封筒が置かれていた。

「はるかのひまわり」

阪神大震災の時に、命を落としたはるかちゃんという
小学生の女の子がいた。
その年の夏、はるかちゃんが飼っていたハムスターと、
隣の仲良しのオウムに餌として与えていたひまわりの種が、
亡くなった跡地に生まれ代わりのように咲いたという。

その後、お姉さんのご尽力と、多数のボランティアの皆さんにより
種が様々な場所で育てられて、毎年綺麗な花を咲かせているとのこと。

本になったり、ドキュメントとして様々なところで紹介されているようですが、
お恥ずかしながら、知りませんでした。

今度、実家に帰ったら、植えたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/5/28  11:14

投稿者:もっち

たまさん>
おお!そうですか。
沖縄から北海道まで、全部に広げましょう。
ひまわりは、元気な気持ちにさせてくれますよね。

2006/5/28  0:06

投稿者:たま

私もそのひまわりのたねいただきました。
沖縄の私がはるかちゃんのひまわり咲かせたいと思っています。全国に広がってほしいですね。

2006/5/27  13:37

投稿者:もっち

ドリアンさん>
私も小学校のとき、学校で風船飛ばしました。
元々、目が悪いのですぐに見えなくなりましたが、
「まだ見える!」と言っている友達がうらやましかったのを覚えています。

2006/5/24  8:35

投稿者:ドリアン

めちゃいい話やなぁー。
ひまわりの種、風船で飛ばした小さい頃を思い出しました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ