2012/2/25

美の猟犬  BOOK

ようやくたどり着けました。

クリックすると元のサイズで表示します

スタバのザッハ・トルテ。特別おいしいのか、というと、まぁ、普通かなぁ・・・としかいえないのですが。でも、今年のはちょっと甘く感じたかも。

今年は珍しく、バレンタインデーに本格参戦しました。上司・同僚の殿方に配りまくり。それぞれにそれぞれの反応がありまして、まぁ、面白かったですけれどね。ホワイトデーはどんなことになるのかが楽しみかも。

・・・お返し、期待してはいないけどね。実は、昔から、定番のホワイトデーギフトに惹かれるものがないのですよ(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

そんな中。図書館に予約していた本がようやく入荷したとのこと。半年くらい待ったかなぁ。伊藤郁太郎氏が書いた「美の猟犬―安宅コレクション余聞」です。

・・・連日、残業続きで、本を読む時間、なかなかとれなかったのですけれど。ようやく読みました。

30年以上前に倒産した、安宅産業という大企業の、安宅英一という会長が主体となって作った安宅コレクションの話です。本を書いたのは、コレクション(絵画や、韓国陶磁器などの骨董品)を集めるのを業務としていた方、本人。独特な上司に仕えた、ひとりの人間の視点、みたいなものも節々に感じられる本でしたわ。

安宅産業の倒産、に興味がある方から見ると、ちょっと物足りないかと。でも、美術品の収集とか、美意識とか、人に仕える、という点から見ると、結構興味深い話ばかり。安宅英一氏がどういう人だったのかなぁ〜といろいろ想像してしまいますわ。

著者自身は、安宅コレクション大半が寄贈された大阪市立東洋陶磁美術館の館長さんになったとか。そういう、教養のある方が書いた文章なので難しい日本語もあちこちに出てきます。「忖度(そんたく)」という言葉の意味がわからず、ちょっと調べたのですけどね。他人の心をおしはかること、だそうで。

・・・これ、今のσ(^^)にとっては大事なキーワードだったりして。日本語では、忖度、というのかぁ。そっかぁ。知らなかったですわ。

実は、一度行ってみたい美術館のひとつが、山種美術館なのですよ。そこの収蔵品の一部が、やはり旧・安宅コレクションだとか。そっかー、そういうつながりがあったのか〜と今さらながら知りました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ