2011/11/28

3枚のフェルメール  

宮城県美術館で、フェルメールが見れる、というのは奇跡のような話です。そんなわけで、友人と「フェルメールからのラブレター展」を見に行ってきました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

「手紙を書く女」。ワシントン・ナショナル・ギャラリーにある作品。かわいいんですよ〜。同じ時代の絵も展示しているので見比べてみましたが・・・ダントツ、かわいいのです。そして、ポスターだと分かりにくくなるのですが、現物は光の明暗がはっきりしているのですわ。そのせいか、彼女にスポットライトが当たっているように見えるのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

「手紙を読む青衣の女」。アムステルダム国立美術館にある作品。修復が終わったばかり、というので、今回の目玉の一つでしたわ。これも光がきれいなのだけれど、どうも顔の辺りが後ろの地図と重なってぼんやりしているのが・・・なんだか納得いかないのですよ(-_-;

でも、作品そのものを見る時は気づかなかったのですが、巨大なポスターを見ていろいろ気づくこともありましたよ。色って、奥が深いですわ。

クリックすると元のサイズで表示します

「手紙を書く女と召使」。アイルランドナショナルギャラリーにある作品。アイルランドナショナルギャラリーは、実はσ(^^)、行ったことがあります。もしかするとその時も見ているのかもしれません。残念ながら記憶が定かでない。過去2回盗難にあっている作品、ということでも知られていますわ。

3つ見比べると分かるのですが、この作品が一番、完成度が高いような印象を受けました。光の明暗もくっきり。キャンバスも大きいですし。

美術作品を見て気分転換するのは久しぶりですわ。こーいう時間、いいなぁ(^^)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ