2011/8/29

市境に行ってみた  ドライブ

blogは、日記ではなく、そもそも覚書という役割がありまして。そんなわけで、つい、記憶が曖昧になってしまうあのことをメモしておこうかと。

3/12 15:36 1号機原子炉建屋 爆発
3/14 11:01 3号機原子炉建屋 爆発
3/15 06:10 2号機原子炉建屋内で爆発音。圧力抑制室に損傷。
3/15 06:14 4号機原子炉建屋 爆発

3号機がプルサーマルをしている原子炉ですわ。3/11の20:50には、2キロ圏内から住民に避難を呼びかけていた、とのこと(福島民報を参考)。

まぁ、そんなわけで、4月、5月に続いて3回目のいわき行き。前2回と比べると、気持ち的には落ち着いたという感じかなぁ。

り災証明書を取りましたので、高速道路は無料です。仙台東ICからいわき四倉ICまで利用いたしましたわ。そこまで乗ってしまうと、あのぅ、実はσ(^^)の目的地もちょっと通り過ぎてしまいます。ちなみに四倉ICで、第一原発からだいたい33〜34kmくらいらしいです。

無料化といっても、ここまでくると車が走っていません。いわきJCTから北に走り始めてから、σ(^^)の前にも後ろにも、車の気配はゼロ。ただし、上り車線はそこそこ交通量はありました。料金所のおじちゃんとちょっと世間話をしつつ、とりあえず最寄のコンビニで休憩。安達太良SAから休まないで走ってきましたから。

クリックすると元のサイズで表示します

コンビニ前から、常磐道を眺めた感じ。いつもは、常磐道は使わず、この目の前の県道を使って往復したりしたのだけれど・・・(~_~)

クリックすると元のサイズで表示します

まっすぐ目的地に向かってもいいのですが、道なりに北へ。以前はなかったプレハブの建物を見つけたり。仮設住宅・・・ではなく、工事現場の事務所のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

6号線に出て、また北へ。市の境ですわ。ここまでくると、30km圏内。だいたい28〜30kmくらいかと。放射線の値も0.3〜0.4マイクロシーベルトくらいではないかと。草が多いのでもう少し上回っているかもしれません。防護服とか着るはずもなく、普段着・サンダル履きで撮影しましたよ。車の窓も開いていますし。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてあそこから先が双葉郡。広野町は緊急時避難準備区域です。入ってもいいけれど、自主的避難をすることが望ましいとのこと。用事がなければ入ってはいないところですわ。もう少しで解除になるような噂も聞いていますが。

・・・夏場なので草がぼうぼうですが、他は何も変わっていません。原発の事故なんて微塵も感じないですし。6号線を走る車は、作業員っぽいおじちゃんたちを乗せたバスや工事用のトラックばかり。普通車は少なめ。

着々と原発収束のための基地になっていく姿を垣間見たような。噂には聞いていましたけれどね。仕方がないこととはいえ、なんだか複雑な気分になりましたよ(~_~)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ