2011/4/20

いわきの桜  ドライブ

桜が満開なので、松ヶ岡公園に行ってみることに。

2008年に行った時は4/8前後で満開だったので、今年はやっぱり遅いのですわ。寒かったんだなぁ〜と改めて思いました。

2008年の松ヶ岡公園
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/954.html

・・・それはそうと。噂には聞いていましたが、公園にはこのような看板が(T_T)

クリックすると元のサイズで表示します

中には入れなかったので、駐車場の近くでいろいろ撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

天田愚庵邸はこんな感じ。桜以外にも、柳の若葉もきれいな緑色でした(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

天田愚庵は、幕末、いわきに生まれたお侍さんです。戊辰戦争で行方不明になった家族を探して台湾あたりまで行ったり、清水の次郎長親分の子分になって、次郎長ものの元となる本を書いたりした方。パワフルな方ですわ(~_~)

公園に入れないせいもあるのですが・・・駐車場に車は止まっているものの、人影はほとんどなく。お父さんとその子どもとおぼしき親子を1組見ただけでしたわ。車は多いのだけれど、歩いている人は本当に少ないような。やっぱり、放射能が気になって外に出ないのかなぁ〜と。σ(^^)みたいに、限られた時間しかいわきにいない人と、ずっといる人たちでは・・・やっぱり、捉え方違うよね(-_-;

クリックすると元のサイズで表示します

ここまできたので、あそこの桜も見に行きましたよ。母校の桜です。σ(^^)はいわきではここの桜が一番好きですわ

クリックすると元のサイズで表示します

敷地内の方がいっぱい桜の木があってきれいなのですが・・・ちょっと、中まで入るのはためらわれたので、外から撮影。

桜を見ると、やっぱりきれいだなぁ〜と思うのですが、どーも、心の底からそれを感じることが出来ないなぁと。多分、3/11の地震より、4/7の地震の方がひきずっているんですよね。また揺れるんじゃないかと、どーも、心のどこかで次の地震を待っているのですわ。
2



2011/4/21  23:15

投稿者:なみなみ

思い入れがある場所の桜は、また心にくるね。

津波や原発のせいで悲しい姿になってしまったところがあるのも事実なんだけれど、そればかり見ていると心が折れてくるんだよね。

その季節にしか見れない自然も、しっかり見ておかないと、春が来たのも分からないまま、時間が過ぎてしまいそうな感じがして、それも怖いんだ。それこそ、地震や原発にとらわれて自分を見失ってしまいそうで。やらなきゃいけないことはたくさんあるんだもん!

2011/4/21  6:45

投稿者:(山)

美しいね、やっぱり世界一でしょ、ちげねえ!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ