2011/3/6

自分の感受性くらい  BOOK

最近は、大貫妙子さんのCDをよく聞いていました。さらっと聞けるのがいいなぁ〜と言う具合。紅茶とか飲みながら、リラックスして聞けるのがよいかと。

でもねー。あのねー。世の中、月夜ばかりじゃないのですよ。そんな日は、みゆきさんを聞いてみたりして。こーいう時はちょっと前に出たアルバム「I Love You, 答えてくれ」がいいかなぁ・・・と選んでみたり。

「Nobody Is Right」を聞きながら、「くぅ〜(^^;」とうなってました。去年の暮れに、ライブで(つまり、生で)もこの曲を聴きましたね。本当、強いお酒を飲んで、アルコールがぐっと胃に入ってきた時の感じのような。「顔のない街の中で」とか「ボディ・トーク」もいい感じに「くぅ〜(^^;」ときます。ウィスキー・水割り、3杯飲んだ感じ?

Nobody Is Right
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND56359/index.html

そんなこんなで。この前ラジオを聴いていたら・・・このくらい「くぅ〜(^^;」ってくる曲が流れてきましたよ。「自分の感受性くらい」。元々は、茨木のり子さんという詩人が書いた詩なのですが・・・これが、また、「ひょぇ〜(>_<)」な詩。ウィスキー・ストレートで、一気に飲んでしまった感じ?

自分の感受性くらい
http://www.ccv.ne.jp/home/reii/hope/poem.htm

もう、ひとつひとつ、ごめんなさい〜な言葉の数々。自分の感受性くらい・・・自分で守らないとなぁ。

それはそうと。残業続きで余裕もないのに図書館から本を借りてきてしまいました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

大江戸生活体験事情」です。ぱらぱらと、気になったところを拾い読み。結構面白い本なので、手元に置いておきたいなぁ〜と思ってネットで探してみたところ、文庫本になっているとのこと。そりゃ、ますますいいね〜と思って、早速お買い上げ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

あれ?表紙が違う・・・と思いつつ、中身を読んでみると・・・なんかちょっと違和感が。よーく見てみると、これは「大江戸生活事情」。同じ著者が、なんとまぁ、似たようなタイトルで本を書いていたとは!(^^;

・・・まぁ、いいか、ということで、これはこれで読んでみようかと。

自分の読みたい本くらい、自分で、ちゃんとタイトル、確認しないとなぁ・・・。


blogram投票ボタン
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ