2010/12/10

大仏さまの手の上で  

奈良の話、いよいよ最終回・・・のはず。

新幹線に乗って
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1436.html

まんとくんキティ
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1437.html

After the festival
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1438.html

DEER
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1439.html

朝の東大寺
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1440.html

あはれ、今年の秋も
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1441.html

興福寺に出来た新しい国宝館で、すっかり有名になった阿修羅像も見ましたし、東大寺で奈良の大仏さまもしっかり見ましたし。鹿も随分見ましたし。結構、正統派の奈良観光をしたかと思いますよ。

・・・でも、ちょっぴり邪道にも足をつっこみましたわ。ふらふらと散策した近鉄奈良駅の中にそれはありましたよ。その名も「なら奈良館」です。

エスカレーターを上っていったら、受付のおばちゃんと目が合いまして。はい、入場料払って見てきましたよ。普通、体験できないことを体験できた・・・ということでは、ちょっとしたアトラクションともいえなくもないかと(^w^;

クリックすると元のサイズで表示します

例えば、大仏さまの左手をこんなにそばで見ることが出来ました。しかも、おばちゃんのアドバイスに従い、この手のひらの上で寝転がりましたよ。こーんなこと、本物の大仏殿では出来ません(笑)

材質の都合上、つるつるすべるのですが・・・でも、結構居心地、いいです。まさに実写版手のひらで転がされている状態。しかも仏さまの手の上ですから!(^w^;

クリックすると元のサイズで表示します

そして、大仏殿では人が多くてちょっと・・・とためらった鼻の穴、ここでも体験できます。しかも、ここなら人目も気にせずくぐれます。σ(^^)もちょっとチャレンジしまして・・・ジャケットを脱いでくぐればくぐれるのだな、という手ごたえは得ましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

興福寺では眺めるだけだった国宝の仏頭も、ここでは撮り放題。レプリカばんざいです(笑)

・・・実は、あの有名になった阿修羅像より、興福寺仏頭の方がσ(^^)は好きです(^w^;

新薬師寺の十二神将もレプリカが展示されてました。おばちゃんのアドバイスに従い、自分の干支の神さまをチェックしてきましたよ。これも本物は国宝ですからね〜。

奈良市が管轄している施設のようです。簡潔に奈良の歴史が分かるので意外と穴場だなぁ〜と思いましたよ。思いっきり戯れられますし。レプリカが多いのは・・・文化財の復元とかの際に作った模型の有効活用なのかもしれないです。

後日、東大寺関連の本を読んで知ったことには・・・大仏さまの左手、奈良時代に作られた後、間もなく破損したとか。背中にはひびが入り、体も傾いたそうです。螺髪や頭も落ちたりしたそうで。想像すると、なんともシュールですわ。

・・・立派に作った、までは知っているけど、その後のことはあまり学びませんからね。2回火事にあって今の大仏が3代目。残るものと残らないものの差が、なんとなーく見えたような旅でしたわ。


blogram投票ボタン 

ブログやっててよかった コラブロ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ